David Blecken
2019年4月01日

新元号「令和」への、ブランドの反応

新元号への移行はマーケターにとって、インスピレーションの源にも、頭痛の種にもなりそうだ。

新元号「令和」を発表する菅官房長官(写真:小林武仁/読売新聞社)
新元号「令和」を発表する菅官房長官(写真:小林武仁/読売新聞社)

5月1日の改元に先立ち、このたび新元号「令和」が発表された。

元号の選定は、決して簡単なタスクではない。新元号をめぐっては、政府はこれまで長い時間をかけて準備を行い、その間メディアの報道も過熱していた。

改元に伴い、企業はシステムや文書に使用されている元号の変更を迫られる。改元より1カ月も前に発表されたのも、企業の対応期間を考慮したためといわれている。

アドビシステムズ日本法人のマーケティング本部副社長、秋田夏実氏はCampaignの取材に応じた2月に、今回の改元は同社のコンテンツ管理サービスを訴求する好機ととらえていると語っていた。コンテンツをさまざまなベンダーが管理していたり、紙ベースでしか管理していない組織もあるためだ。

「平成と記されている書類を探し出すため、タスクフォースチームを結成した会社もあるようです」

一方で、国内外からの関心が集まるこの波にうまく乗ろうとするブランドもあった。例えばシャープは新元号の発表前、これまでS(昭和)、H(平成)と続いたので次はAを頭文字とする元号を期待しているとツイート。発表後には即座に、予想とは少し異なってRであったことを書き込んだ。せっかくなので社名を「SHRAP」に
変えてはどうか、というフォロワーからのコメントも見られた。

ローソンのツイッターアカウントは、5月1日にローソン限定で「新元号最初の日」の特別なポテトチップスを発売することを発表。また株式市場では、新元号から連想される社名や、万葉集が売れるのではとの期待感から書店チェーンの株価にも変化が見られた。

さらには豪州の団体「西オーストラリア州不動産協会」(The Real Estate Institute of Western Australia)も、偶然にも新元号が同団体略称「REIWA」と一致することから、「エイプリルフールのジョークではない」とした上で、新元号を歓迎する旨をツイート。REIWAのツイッターアカウントを訪れた7割が日本からのものだったとも明かした。

平和や希望といった願いが込められた新元号を、多くの人々が喜びとともに受け入れたようだ。住友生命保険が先週発表した平成を表す漢字1文字を問うアンケート結果では、21%の人が「災」と答え、「変」「乱」といったネガティブな字が続いていた。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan
タグ

関連する記事

併せて読みたい

23 時間前

世界マーケティング短信: クリエイティビティに寄せられる、難局打開への期待

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

電通・アンドレー氏、段階的に復帰

休職していた電通グループのティム・アンドレー氏が、まず取締役として職務に復帰した。

2 日前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

2 日前

エージェンシー・レポートカード2019

主要エージェンシーのアジア太平洋地域における活動を毎年総合的に評価する、Campaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード(ARC)」。ビジネス成長やイノベーション、クリエイティブなどの観点から、2019年度は各社にどのような評価が下されたのか。