David Blecken
2017年11月15日

純利益減となった電通 デジタル領域は大きく成長

電通が第3四半期の連結累計期間(1~9月)の連結決算を発表、企業買収やデジタル領域が利益に大きく貢献していることが明らかとなった。

電通の東京本社(写真:AFP)
電通の東京本社(写真:AFP)

電通グループ全体でのオーガニック成長率(為替やM&Aの影響を除く内部成長率)は、第3四半期は前年同期比2.1%減、1~9月は1.0%減となった。

国内事業のオーガニック成長率は、5.0%減(第3四半期)。電通はこれを、2016リオ五輪など大型イベントの反動減や、労働環境改革推進の影響によるものとしている。同時期の海外事業のオーガニック成長率は0.2%減で、地域別にみると、アジア太平洋5.5%減、米州2.0%減、欧州・中東・アフリカでは5.9%増となった。

1~9月期の国内事業の売上総利益は、2631億円(前年同期比2.4%減)と前年を下回る結果に。同期間の海外事業のオーガニック成長率は0.0%だった。連結営業利益は637億円(1~9月、24.1%減)となった。

1~9月の売上総利益は、為替影響排除ベースでそれぞれ11.0%増(国内事業)と23.5%増(海外事業)。為替や、マークル社などの買収による影響を大きく受けたことが明らかになった。電通は1~9月に海外で17社を買収しており、これが679億円もの売上利益を生み出したとしている。

売上総利益に占める海外事業構成比は57.6%へと拡大した。また、年間35億米ドルに上る新規媒体取引を獲得し、この売上は来年度から貢献予定であることも、声明で発表している。

売上総利益に占めるデジタル領域の割合は43.0%(1~9月)で、非常に大きな存在感だ。国内では依然としてテレビCMの売上が大きな比重を占めるものの、デジタル領域は国内で21.5%(1~9月)、海外事業では58.8%(1~9月)である。

電通は通期(1~12月)の連結業績見通しは修正せず、1,365億円の営業利益を見込む。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。