Rain Khoo
2024年3月20日

視点:トランスジェンダーであることが、男性アライである理由ではない

プロクター・アンド・ギャンブルでクリエイティブ職を務めたレイン・クー氏が、自身の性別変更の歩みと、男性アライであることの意味を語る。

視点:トランスジェンダーであることが、男性アライである理由ではない

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています。

私は二人の10代の娘の父親として、娘が一人では安全に歩けないかもしれない場所、家事の分担を不平等に負わされるかもしれない場所、あるいはアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)に起因する賃金格差に直面するかもしれない場所が、世界的に数多くあることを痛感している。

とはいえ、私が男性アライを表明するのは、父親としての役割だけが理由ではない。

私は35歳で女性から男性へと移行したトランス男性だ。男性に性別を変更後、私は男性特権に気付いた。特定の分野における私の能力を推測する人がいて、こうした推測は無関係な専門知識に基づいてなされたものであるということを思い知らされたのだ。

とはいえ、男性特権を経験したことは、私が男性たちのアライシップを支持する根本的な理由ではない。

国連女性機関の2023年の報告書では、ジェンダー平等の達成にはさらに286年かかるとされ、世界経済フォーラムは世界的なジェンダー格差の解消に132年かかると推定している。このような話は、うんざりするほど何度も耳にしてきた。DEI(多様性、公平性、包摂性)の実務家として、またトランスジェンダーの支持者として私が特に意識しているのは、他の疎外されたコミュニティーが平等への大きな障壁に直面していることだ。

しかし、どちらがより重大な問題を抱えているかと競っても、何も始まらない。私たちは目指さなければならないのは平等、つまり安全や医療、教育、適正な労働への平等なアクセスだ。

私が男性アライである理由は、とてもシンプルだ。権力の大半がいまだに男性にある中では、そうするのが正しいからだ。

マーケティング業界において私たちは、美しさの基準の設定と維持に大きく貢献している。この責任の一端を担うのは美容ブランドのみならず、キャスティングの決定や、コラボレートするセレブリティーやインフルエンサー、さらにはお世辞にも美しいとはいえないアングルを強調するフォトグラファーやメイクアップアーティストも含まれる。

近年はエスニシティー(文化的特性を共有する集団)や肌の色、体格、年齢、性別を超えた表現が増えたとはいえ、それが実質的な手順として浸透していない以上は、まだ不十分である。

従来からの美の規範に挑むフェンティ(Fenty)、ダヴ(Dove)、マック(MAC Cosmetics)のようなブランドはまだ少数派だ。実現不可能な美の基準を広める風潮が、多くの人を置き去りにしている。人生の後半に差し掛かってから美容商品を手に入れられるようになって、今では肌にぼこぼこと痕が残った人や、加齢による色素沈着のため美白クリームやレーザー治療に頼らなければ美しいと思われないのではないかと悩む人のことを考えてみてほしい。

美白化粧品もまた、肌の色が白いほうが好ましいという考え方を支持し、肌の色に基づくヒエラルキーを助長することで、肌の色が濃い人々の国で社会的差別を強化する可能性がある。これは社会の分断を悪化させ、内面化された人種差別を助長する可能性がある。誰もが研究開発のプロセスに直接影響を与えられるわけではないだろうが、このような問題を突き止めて意見を交わすことで、このテーマに関する重要な論議を巻き起こすことはできる。

トランス女性を起用した善意による広告は、シスジェンダー(性自認と出生時に割り当てられた性別が一致)を前提とする美の基準を固定化しており、ほとんどのトランス女性にとって近寄り難いものだ。シスジェンダーを規範とするシス・ノーマティビティーとは、広告に登場するトランス女性のモデルが、出生時に男性と割り当てられていたことがわからないような規範のこと。ブランドオーナーやマーケターが自然かつ健康的に存在する美しさを反映しないと、あるがままの自分が肯定されていないと映り、自傷行為への欲求が生まれる可能性がある。

トランス女性は女性としての要件を満たすまでに、顔の脱毛、のどぼとけの切除、性別適合手術、顔の女性化(頬、鼻、眉、唇の整形、豊胸など)といった複数の手術を受ける可能性がある。

私たちが好きなものや知っていることの多くは、育った環境によって形づくられる。もし多様なジェンダー表現や女性らしさが認められている社会で子どもが成長すれば、女性の美しさに対する有害な期待を持たないかもしれない。これにはあらゆる種類の性自認やジェンダー表現(シスジェンダー、トランスジェンダー、ジェンダーフルイド、ノンバイナリー、インターセックス、エイジェンダー、バイジェンダー、ジェンダークィア)や、それに伴って進化する人たちなどが含まれる。

理想的な女性像に対する社会からの期待はいくつもあるが、この記事で複数の側面を取り上げるには紙幅が足りない。私たちの業界には、有害な考え方や認識に対して真剣かつ創造的に、そして前向きに取り組むスキルがある。

私の母は現在70代半ばだが、私には40代のままに映る。外出前に1時間もかけて身支度をすると母は言うが、美しくあるために化粧が必要だと私は思わない。私は、アジアの子どもたちにしか理解できないような方法で母を愛しており、毎週末に母の愛を実感できることに感謝している。

母親や姉妹、娘、友人をありのままに愛するという、この普遍的ともいえる感情は、ジェンダー平等における私たちの業界の役割を示唆してくれるだろう。つまり、視聴者が他者を自分ごととしてとらえられるというビジョン、言い換えるならば親族関係を違いがあっても認めるというビジョンだ。


レインクー氏は、デザイン、ブランディング、eコマースに20年間従事し、プロクターアンドギャンブルアジアで当時最年少のデザインディレクターに抜擢。現在は自身のコンサルティング会社「ディグニテブランズ(Dignité Brands)」を経営している。

 

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

22 時間前

パリ五輪で成功を目指すために必要なこと

世界的なスポーツの祭典で、アジアのブランドはどのように広告費を最大限に活用しているのか、マーケティング戦略を成功させる鍵は何か、若いファンを取り込むのに最適なプラットフォームは何か。

1 日前

メタCMO、戦略と「予算削減」を語る

2020年からメタのマーケティングを牽引するアレックス・シュルツ氏。若者たちの間での人気復活やプラットフォーム再構築など、複雑な課題を抱えた同社のマーケティング戦略を語る。

1 日前

ChatGPTは分析ツールとして信頼できるか?

期待外れに終わった実験から1年が経ち、飛躍的に成長したChatGPTは分析ツールとしての信頼を取り戻せたのだろうか? 我々のデータを、安心して託すことはできるだろうか?

2024年5月24日

世界マーケティング短信:Netflixの広告付きプランが4000万人を達成

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。