David Blecken
2018年2月23日

運用型広告と動画広告が広告費全体を押し上げる 電通「2017年日本の広告費」

インターネット広告が、広告費全体の4分の1に迫りつつある。

運用型広告と動画広告が広告費全体を押し上げる 電通「2017年日本の広告費」

電通が発表した「2017年 日本の広告費」によると、2017年1~12月の日本の総広告費は約6.4兆円(前年比101.6%)であった。

ゆるやかな景気拡大により、総広告費は6年連続でのプラス成長となった。経済協力開発機構(OECD)が昨年11月に発表した経済見通しでは、日本の2017年の実質成長率は1.5%で、18年と19年はそれぞれ1.0%の成長が予想されている。

広告費全体を押し上げたのはインターネット広告費(1兆5094億円、前年比115.2%)。特にモバイルでの運用型広告や動画広告が大きく伸び、4年連続の二桁成長となった。インターネット広告費は全体の23.6%を占める。

一方で、マスコミ四媒体の広告費は2.3%減で、テレビ(前年比99.1%)、新聞(同94.8%)、雑誌(同91.0%)。ラジオ広告費のみが0.4%増で、2年連続のプラス成長を遂げた。プロモーションメディア広告費も1.5%減となった。

業種別に見ると、最も減少したのは家電・AV機器(同88.6%)。しかし自動車や不動産・住宅など、全21業種中6業種の広告費が増加した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2020年10月16日

世界マーケティング短信:エージェンシーの組織変革

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年10月16日

バイロン・シャープ氏が語る、COVID-19への最も賢明な対応が「広告出稿停止」だった理由

「COVID-19に関連するブランドメッセージに消費者が興味を持つだろうというマーケターの考えは“恥ずかしいほど傲慢だ”」とシャープ氏は話した。

2020年10月16日

広告活動に回復の兆し、マーケターの信頼が回復:WFA調査

現在、キャンペーンを延期している多国籍企業は半数以下に減少。6月には90%を超えていた。

2020年10月16日

メディアの価格上昇率、最も高い地域はAPAC

グラフで見る:パンデミック下であっても、地域ごとのメディア価格を見ると、特にディスプレイとデジタル動画で価格が上昇しているのがわかる。