Phil Cowdell
2023年3月30日

過剰なブランドセーフティはインクルージョンを阻害する

どうすれば、それを解決できるのだろうか?

過剰なブランドセーフティはインクルージョンを阻害する

多様なクリエイターとそのオーディエンスを支援したいという前向きな広告主が増えているのは、とても心強いことだ。しかし、デジタルメディア環境では、こうした前向きな需要に対応する能力は、2つの要因から制約を受けている。つまり、多様な新興メディアを支える投資と、メディアに投じられる広告予算だ。

前者については、歓迎すべきことに、投資と資金調達の機会が増えてきている。だが後者については、さらなる教育と啓発活動が必要だ。また、業界団体が「ブランドセーフティ」の定義を見直したり、広告対象とすべきメディアインベントリーを体系的に見直したりすることも必要だ。残念ながら、現在のインクルージョンリストは、決してインクルーシブではない──多くのブロックリストが、過剰にブロックしすぎているためだ。

こうした制約は、「広告主のブランドセーフティ」の向上を目指した業界団体の善意の取り組みが招いた、意図せぬ結果だとも言える。

この問題を十分に認識した今、私たちはそれを迅速に解決する必要がある。しかし、その「解決」は複雑で多面的なものであり、解決への強いコミットメントとさまざまなステークホルダーを巻き込んだチャレンジが必要となる。

しかし、そもそもどうしてこのような状況になったのだろうか?

オンライン広告の3つの時代

インターネットの拡大と、巨大なメディアプラットフォームの出現は、オンライン広告の氾濫を招いただけでなく、ブランドにとっては好ましくない、新たな脅威の出現も許した。こうした新しい広告手法の黎明期には、業界標準や指標がなく、ビューアビリティの低下やフラウド、配信ミス等が頻発した。このような混乱期には、適切な対策と管理が必要であり、それが慎重なアプローチへの転換につながった。

2012年には、ANA(全米広告主協会)と4As(米国広告業協会)、IAB(インタラクティブ広告協議会)による「3MS(Making Measurement Make Sense)」の枠組みがスタート。2014年には、IABとMRC(Media Rating Council)が「Web Viewability Guidelines」を定め、2019年からは、WFA(世界広告主連盟)が主導する、グローバル・アライアンス・フォー・レスポンシブル・メディア(GARM)により、一連の業界スタンダードとベストプラクティスが次々と発表された。こうして管理と排除が強化されたことで、ブランドにとって、より安全な環境が構築されてきた。

その中核となるのが、不適切なコンテンツに関連するワードのリストを用いた、キーワードベースのブランドセーフティ及びブランドスータビリティ手法だ。しかし私たちは、ブランドセーフティを追求するあまり、多様なクリエイターがコンテンツを収益化するのを妨げる障壁をつくってしまった。単刀直入に言えば、こうした「善意の努力」の結果、排除の時代が訪れたのだ。

私たちはブランドセーフティの要件を、インクルーシブや公平性の取り組みと一致させていく必要がある。私たちは、排除の時代に終止符を打ち、インクルージョンの時代に移行しなければならない。

意識的なインクルージョン

オンライン広告は、混乱期に始まり、その後、慎重さを追求する流れが続いてきたが、今、私たちはもっと「意識的」になる必要がある。

「意識的である」とは、「自分自身と、自分の周りに在るものの、両方を意識する」ということだ。意識的であれば、何かが起こっていることに気付き、認識できるようになる。より関心を持ち、懸念を持つようになる。そして、考慮や検討をもっと行うようになる。こうしたことが重要であり、もし私たちが、意識的でなかったり、行動しないことを選んだりするなら、私たち自身がその問題の一部になってしまうだろう。つまり、もし何もしなければ、私たちはこの排除の時代を容認したことになるのだ。

意識的であれば、立ち上がり、光を当て、より公平な道へと導かれるはずだ。意識的であることによってのみ、私たちは、過剰なブロックを避け、真にインクルーシブなメディアプランをつくることができる。

私たちチャネル・ファクトリーは、現在のデジタルメディアにはインクルージョンと公平性が欠けていることを啓発しようとしている。そして、差別的ではないブランドセーフティ、ブランドスータビリティの手法を再設計しようとしている。また、志を同じくするエージェンシーやマーケター、業界団体と手を組み、多様性とインクルージョンは倫理的にも商業的にも正しいことを示そうとしている。

私たちの多くはすでにこの課題を認識し、見直し始めている。しかし皆で力を合わせれば、より早く、より遠くに行くことができる。

さあ、もっと意識的になろう。


フィル・カウデル氏は、チャネル・ファクトリーの戦略アドバイザー。

提供:
Campaign; 翻訳・編集:

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

23 時間前

パリ五輪で成功を目指すために必要なこと

世界的なスポーツの祭典で、アジアのブランドはどのように広告費を最大限に活用しているのか、マーケティング戦略を成功させる鍵は何か、若いファンを取り込むのに最適なプラットフォームは何か。

1 日前

メタCMO、戦略と「予算削減」を語る

2020年からメタのマーケティングを牽引するアレックス・シュルツ氏。若者たちの間での人気復活やプラットフォーム再構築など、複雑な課題を抱えた同社のマーケティング戦略を語る。

1 日前

ChatGPTは分析ツールとして信頼できるか?

期待外れに終わった実験から1年が経ち、飛躍的に成長したChatGPTは分析ツールとしての信頼を取り戻せたのだろうか? 我々のデータを、安心して託すことはできるだろうか?

2024年5月24日

世界マーケティング短信:Netflixの広告付きプランが4000万人を達成

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。