David Blecken
2018年10月19日

AOI Pro.が代表取締役の異動を発表

同社の代表取締役が来年1月、中江康人氏から潮田一氏へと交代する。

潮田一氏
潮田一氏

AOI Pro.(本社:品川区)の代表取締役に1月、潮田一氏が就任する。2015年より代表取締役を務める中江康人氏は、取締役に退く。

潮田氏は1996年、AOI Pro.に入社。日本コカ・コーラ、日産自動車、ナイキジャパン、アディダス ジャパン、大塚製薬、花王、メルセデス・ベンツ日本、ハーゲンダッツ ジャパンなどを手掛け、国内外での受賞実績が多数ある。

2012年に取締役、2017年に副社長執行役員に就任。マレーシアやベトナムの大手映像制作会社のグループ会社化を実現してきた。代表取締役社長への就任について、同氏からのコメントはまだ発表されていない。

中江氏は、昨年1月にTYOと設立した共同持株会社「AOI TYO Holdings」の代表取締役社長COOも兼任しており、来年1月以降も務める予定。AOI Pro.取締役は来年3月、任期満了により退任する予定だと、プレスリリースで発表している。

AOI Pro.のような制作会社がVR(仮想現実)などのテクノロジー事業や、エンターテインメントコンテンツに携わったり、広告主が制作会社と直接取引を行うようになるなど、日本の制作業界は変革期を迎えている。さらに広告界では現在、テレビCMのオンライン化へと移行しつつあり、制作会社の収益にも影響を与えると予想される。

同社が出資・制作した映画「万引き家族」は今年5月、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
エージェンシー・レポートカード2018: ADK
Premium
1 日前

エージェンシー・レポートカード2018: ADK

組織再編に力を入れるADKは、数々のすぐれたクリエイティブを制作。従来型の収益モデルからの脱却を目指すイニシアチブも発揮してきた。

Premium
世界マーケティング短信:ソレル卿の回帰案
Premium
1 日前

世界マーケティング短信:ソレル卿の回帰案

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをまとめてお送りする。

Premium
セレブリティー、ブランド、麻薬
Premium
1 日前

セレブリティー、ブランド、麻薬

ピエール瀧容疑者逮捕の事件で、ブランドは改めて倫理観を問われている。

Premium
JAL、グローバルマーケティング部を新設
Premium
4 日前

JAL、グローバルマーケティング部を新設

2020東京五輪を見据え、日本航空がグローバルマーケティングを強化する。