David Blecken
2018年10月19日

AOI Pro.が代表取締役の異動を発表

同社の代表取締役が来年1月、中江康人氏から潮田一氏へと交代する。

潮田一氏
潮田一氏

AOI Pro.(本社:品川区)の代表取締役に1月、潮田一氏が就任する。2015年より代表取締役を務める中江康人氏は、取締役に退く。

潮田氏は1996年、AOI Pro.に入社。日本コカ・コーラ、日産自動車、ナイキジャパン、アディダス ジャパン、大塚製薬、花王、メルセデス・ベンツ日本、ハーゲンダッツ ジャパンなどを手掛け、国内外での受賞実績が多数ある。

2012年に取締役、2017年に副社長執行役員に就任。マレーシアやベトナムの大手映像制作会社のグループ会社化を実現してきた。代表取締役社長への就任について、同氏からのコメントはまだ発表されていない。

中江氏は、昨年1月にTYOと設立した共同持株会社「AOI TYO Holdings」の代表取締役社長COOも兼任しており、来年1月以降も務める予定。AOI Pro.取締役は来年3月、任期満了により退任する予定だと、プレスリリースで発表している。

AOI Pro.のような制作会社がVR(仮想現実)などのテクノロジー事業や、エンターテインメントコンテンツに携わったり、広告主が制作会社と直接取引を行うようになるなど、日本の制作業界は変革期を迎えている。さらに広告界では現在、テレビCMのオンライン化へと移行しつつあり、制作会社の収益にも影響を与えると予想される。

同社が出資・制作した映画「万引き家族」は今年5月、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

4 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。