Matthew Miller
2021年10月13日

APAC広告界、賄賂の実態

Campaignがアジア太平洋地域(APAC)で行った調査で、85%以上の回答者が「ピッチの際の贈収賄は問題」と答えた。その実情を探る。

APAC広告界、賄賂の実態

調査では70%近くの回答者が、エージェンシーの選定で「贈収賄が大きな影響を及ぼしており、それを目の当たりにした」と答えた。さらに82%が、贈収賄の影響力について「信頼できる筋から間接的に話を聞いた」と回答。

ある者は、「贈収賄は『疫病』と同じ」と断じた。

調査には29名の人々が回答を寄せ、その結果は9月29日の本誌に掲載された。回答者の約3分の2はエージェンシー社員で、約15%がブランド、残りがメディアやプラットフォーム企業の社員。回答者はごく小人数で、業界の実態を的確に表しているとは言い難い。だが、贈収賄が深刻な問題であることは否定できないだろう。

回答者の85%は「贈収賄はAPAC全域における問題」と答え、ほぼ同数が「いま自分が働いている国で問題」と答えた。

「贈収賄が最も蔓延している国」として挙げられたのは、インド、中国、インドネシア、マレーシア、パキスタンだった。

ある者は、「中国では贈収賄が経済活動の一環と考えられている」と指摘。

「ピッチにおける贈収賄の効力は70%以上ある」と答えた者は29%。「50%以下」と答えた者は約3分の2だった。

何人もの回答者が、「独立系であれ大手であれ、複数の国々にネットワークを持つエージェンシーはどこも贈収賄を行っている」と言明。B2BやB2C、政府系機関などの様々なレベルのピッチ −− クリエイティブ、メディア、PR、制作など −− で横行しているという。

APACのマーケティング / コミュニケーション業界で、贈収賄はどれほど深刻な問題だと思いますか? 非常に深刻 53.57% やや深刻 32.14% 問題ではない 14.29%
あなたの直接的、あるいは間接的経験から贈収賄が最も蔓延している国はどこだと思いますか? オーストラリア (1) 中国 (11) インド (12) インドネシア (7) 韓国 (1) マレーシア (6) パキスタン (7) フィリピン (2) シンガポール (3) 台湾 (1) タイ(1) ベトナム (3) その他 (1) (回答者数)

それでも、何人かの回答者は贈収賄を問題視していない。

ある者は「業界内で取り立てるほどの問題ではない」と述べ、「多くのエージェンシーの経営陣は贈収賄をビジネスの一環と見ており、支払うのは当然だと考えている。(クライアントに)リベートが払えない、あるいは仕事を失いたくないというエージェンシー社内の問題だ」

またある者は、「アジアにおけるこの問題は長年の慣行」と指摘。「ビジネス上の利益を生むため、長い歳月をかけて習慣的に繰り返されてきた。多くの人々はこの行為を本質的に贈収賄と見ていない。残念ながら、アジアの多くの国々では政治やビジネスなど社会のあらゆる側面で汚職が蔓延している。こうした慣行を完全に断つには、四半世紀以上かかるだろう」

またある者は、「贈収賄は我々のDNAに組み込まれている」とまでいう。

「世界がどのように機能しているか見てみればいい。贈収賄はあらゆる業界で蔓延している。事の発端はたいてい腐敗した政治家と、それに癒着したスポンサー。つまるところ、人間教育を根本的に変えなければ贈収賄は決してなくならない」

贈収賄をなくすには、「独立したピッチコンサルタントの役割が重要」という者もいた。

「公正なピッチを実現するには、真に独立したサードパーティーを起用し、初めから終わりまですべてのプロセスを委ねるしかない」

だが、こうした意見に懐疑的な者もいる。「ピッチに参加するエージェンシーは往々にして偏りがある。おそらく、地域にある中小のエージェンシーから賄賂を受け取っているのだろう」

(文:マシュー・ミラー 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

2022年1月21日

世界マーケティング短信:ブランドのパーパスと利益

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年1月20日

Z世代とつながる鍵は、インクルージョンと文化的アイデンティティ

所得格差の拡大を懸念するZ世代は、ラグジュアリーブランドが表わすイメージへの期待を、高級感や憧れから、本物であることや入手のしやすさへと変化させている。M&Cサーチパフォーマンスの戦略およびカスタマーインサイト担当責任者は、そう指摘する。

2022年1月20日

これからの企業PRのあり方とは?

ビジネスや社会環境における分断がますます進行するなか、コミュニケーション責任者やビジネスリーダーは2022年、何を優先すればよいだろうか? APAC(アジア太平洋地域)の業界関係者に話を聞いた。

2022年1月20日

「人材の流動化」を生かす:へガーティ卿

昨年、フリーランスの人材とエージェンシーとをマッチングさせる会社「ジーニー(Genie)」を立ち上げたジョン・へガーティ卿。「ダイバーシティーの実現こそ未来を築く」と説く。