David Blecken
2017年11月29日

JAL、グローバルでのブランドポジショニングのためにM&Cサーチを採択

米国、欧州、アジアにおいて、他ブランドとより一層の差別化を図っていく。

画像:JALの最近のブランディングキャンペーンより
画像:JALの最近のブランディングキャンペーンより

日本航空(JAL)は、2020東京五輪を見据えた新しいグローバルブランディング戦略に関し、コンペを実施。4社の中から、M&Cサーチを採択した。

JALは東京2020東京五輪のオフィシャルエアラインパートナー。ブランディング戦略の方向性について、M&Cサーチは詳細を明かしていないが、「JALのユニークなポジションを反映し、他の航空会社とは差別化した」メッセージになるとのことだ。

1951年に戦後初の日本の民間航空会社として設立したJAL。だが、それ以外にどのような点が他社と比較してユニークなのか、すぐには分からない。最も競合する全日本空輸(ANA)も2020東京五輪のオフィシャルエアラインパートナーであり、Campaignの「トップ1000ブランド」調査によると、日本国内ではANA(39位)はJAL(57位)よりも人気が高い。

しかしアジア太平洋地域ではJAL(258位)の方がANA(363位)よりも優勢だ。またANAは、増え続ける訪日観光客の獲得をねらったコンテンツの制作に精力的だ。

M&Cサーチによると、JALは米国、欧州、アジアをターゲットに、テレビCMやユーチューブでコンテンツを展開していく。ブランドアイデンティティー関連については、今後3年間でローンチの予定だという。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

21 時間前

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

22 時間前

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

22 時間前

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

22 時間前

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。