David Blecken
2017年11月29日

JAL、グローバルでのブランドポジショニングのためにM&Cサーチを採択

米国、欧州、アジアにおいて、他ブランドとより一層の差別化を図っていく。

画像:JALの最近のブランディングキャンペーンより
画像:JALの最近のブランディングキャンペーンより

日本航空(JAL)は、2020東京五輪を見据えた新しいグローバルブランディング戦略に関し、コンペを実施。4社の中から、M&Cサーチを採択した。

JALは東京2020東京五輪のオフィシャルエアラインパートナー。ブランディング戦略の方向性について、M&Cサーチは詳細を明かしていないが、「JALのユニークなポジションを反映し、他の航空会社とは差別化した」メッセージになるとのことだ。

1951年に戦後初の日本の民間航空会社として設立したJAL。だが、それ以外にどのような点が他社と比較してユニークなのか、すぐには分からない。最も競合する全日本空輸(ANA)も2020東京五輪のオフィシャルエアラインパートナーであり、Campaignの「トップ1000ブランド」調査によると、日本国内ではANA(39位)はJAL(57位)よりも人気が高い。

しかしアジア太平洋地域ではJAL(258位)の方がANA(363位)よりも優勢だ。またANAは、増え続ける訪日観光客の獲得をねらったコンテンツの制作に精力的だ。

M&Cサーチによると、JALは米国、欧州、アジアをターゲットに、テレビCMやユーチューブでコンテンツを展開していく。ブランドアイデンティティー関連については、今後3年間でローンチの予定だという。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
博報堂、ロゴを刷新
Premium
2019年7月09日

博報堂、ロゴを刷新

新たなシンボルは「センタードット」。新しい社会・生活・未来への「起点」と「結節点」を象徴する。

Premium
トヨタ、ソニー、パナソニック……人気ブランドのキーワードは「レガシー」「イノベーション」
Premium
2019年7月04日

トヨタ、ソニー、パナソニック……人気ブランドのキーワードは「レガシー」「イノベーション」

トヨタ自動車の提唱する「モビリティサービス」への移行を、日本の消費者は好意的に受け止めているようだ。

Premium
明治、サントリー、花王が日本で高評価
Premium
2019年7月04日

明治、サントリー、花王が日本で高評価

「高品質」「責任」をうたう企業が躍進、「トップ1000ブランド」に若干の変動が生じた。

Premium
Eat Creative、豪フュージョンの傘下に
Premium
2019年7月04日

Eat Creative、豪フュージョンの傘下に

メルボルンを拠点とするフュージョングループは、日本を含むアジア太平洋地域での成長を図る。