David Blecken
2017年11月29日

JAL、グローバルでのブランドポジショニングのためにM&Cサーチを採択

米国、欧州、アジアにおいて、他ブランドとより一層の差別化を図っていく。

画像:JALの最近のブランディングキャンペーンより
画像:JALの最近のブランディングキャンペーンより

日本航空(JAL)は、2020東京五輪を見据えた新しいグローバルブランディング戦略に関し、コンペを実施。4社の中から、M&Cサーチを採択した。

JALは東京2020東京五輪のオフィシャルエアラインパートナー。ブランディング戦略の方向性について、M&Cサーチは詳細を明かしていないが、「JALのユニークなポジションを反映し、他の航空会社とは差別化した」メッセージになるとのことだ。

1951年に戦後初の日本の民間航空会社として設立したJAL。だが、それ以外にどのような点が他社と比較してユニークなのか、すぐには分からない。最も競合する全日本空輸(ANA)も2020東京五輪のオフィシャルエアラインパートナーであり、Campaignの「トップ1000ブランド」調査によると、日本国内ではANA(39位)はJAL(57位)よりも人気が高い。

しかしアジア太平洋地域ではJAL(258位)の方がANA(363位)よりも優勢だ。またANAは、増え続ける訪日観光客の獲得をねらったコンテンツの制作に精力的だ。

M&Cサーチによると、JALは米国、欧州、アジアをターゲットに、テレビCMやユーチューブでコンテンツを展開していく。ブランドアイデンティティー関連については、今後3年間でローンチの予定だという。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。