Ryoko Tasaki
2019年3月19日

JAL、グローバルマーケティング部を新設

2020東京五輪を見据え、日本航空がグローバルマーケティングを強化する。

写真:Shutterstock
写真:Shutterstock

日本航空(JAL)は、グローバル市場での成長やイノベーションを牽引していく「グローバルマーケティング部」を設立。グローバルマーケティング部長として、光益彰氏を任命した。

光益氏は30年以上にわたりJALで勤務しており、直近は商品・サービス企画本部の業務部長を務めていた。

同氏はまた「最も影響力のあるグローバルマーケティングリーダー50」や「アジアのベストマーケター」にも選出され、企業のCMO(最高マーケティング責任者)が参加する「CMOカウンシル(本拠地:米国)」でアジア太平洋地域のアドバイザリーボードも務めている。

グローバルマーケティング部は、JALの国際的なマーケティングを主導し、顧客体験のイノベーションを牽引していく。本拠地は日本で、他にはロサンゼルス、ロンドン、香港、シンガポールにも中核となる拠点を構える。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

次のCMOは、チーフ・ミュージック・オフィサー?

最高音楽責任者が経営に参画するケースが増えている。ブランドがサウンドの戦略的重要性に気づき、投資に乗り出すという、最近の広範なトレンドを象徴しているのだろうか?

3 日前

セマフォーが進めるデジタルニュースの「抜本改革」とは

グローバルニュースパブリッシャー、セマフォー(Semafor)でCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、エグゼクティブエディターのジーナ・チュア氏が、報道の「再考」について語った。

3 日前

「パタゴニア株譲渡」は、究極のブランドパーパスか?

先週、米アウトドア用品大手パタゴニアの創業者イボン・シュイナード氏が、同社の全株式を環境団体などに寄付したことを明らかにした。この大胆な決断は、他企業にとって社会貢献の手本となるのか。コミュニケーションの専門家たちに聞いた。

3 日前

世界マーケティング短信:ショート動画の収益化、PRの気候変動への責任

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。