David Blecken
2017年6月08日

PRアワード・アジア2017、日本勢の活躍は

Campaignが長年主催する「PRアワード・アジア」。今年の授賞セレモニーが6月6日、香港で開かれた。

PRアワード・アジア2017、日本勢の活躍は

今年の同アワードで受賞した日本企業は、エデルマンと電通PR、そして電通だった。審査を行ったのはアジア太平洋地域の様々な国々から集まった、エージェンシーやブランドの要職にある70名の「コミュニケーション・プロフェッショナル」たち。

エデルマンは日本と韓国における「PRコンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。デジタルコミュニケーションにおける顕著な活動と、PRをクリエイティブかつマーケティング志向に変えたことが評価された。

個別のPRキャンペーンで受賞したのは、カンヌライオンズのような世界規模のアワードでもそうであるように、PRエージンシーだけとは限らない。電通は不動産賃貸サイト「グッドルーム」の「同棲解消ホケン」で、日韓の「コンシューマー・ローンチ(消費者向け)・キャンペーン・オブ・ザ・イヤー」に。これは同棲をためらう未婚のカップルを後押ししようというもので、同サイトで部屋を見つければ、同棲を解消した場合に見舞金がもらえるというユニークなもの。

電通と電通PRは日韓における「PRキャンペーン・オブ・ザ・イヤー」で金賞も獲得。対象となったのは、人気の旅行先とは言い難い北秋田に外国人観光客を呼び込もうというキャンペーン。秋田犬によるアイドルグループを結成して映像化、その結果8千人が訪れた。もちろん馬鹿げたアイデアに聞こえるが、犬たちの可愛さからか、この企画は奏功。

銀賞は「Second Life Toys 〜 おもちゃの移植手術」(Campaignは昨年12月、このキャンペーンを2016年の最も優秀なものの1つに選んだ)とロッテの「ミスター・スニッフ(Mr. Sniff)」で、共に電通が手がけたもの。全受賞者と審査員のリストは、こちらからご覧ください

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2022年1月21日

世界マーケティング短信:ブランドのパーパスと利益

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年1月20日

Z世代とつながる鍵は、インクルージョンと文化的アイデンティティ

所得格差の拡大を懸念するZ世代は、ラグジュアリーブランドが表わすイメージへの期待を、高級感や憧れから、本物であることや入手のしやすさへと変化させている。M&Cサーチパフォーマンスの戦略およびカスタマーインサイト担当責任者は、そう指摘する。

2022年1月20日

これからの企業PRのあり方とは?

ビジネスや社会環境における分断がますます進行するなか、コミュニケーション責任者やビジネスリーダーは2022年、何を優先すればよいだろうか? APAC(アジア太平洋地域)の業界関係者に話を聞いた。

2022年1月20日

「人材の流動化」を生かす:へガーティ卿

昨年、フリーランスの人材とエージェンシーとをマッチングさせる会社「ジーニー(Genie)」を立ち上げたジョン・へガーティ卿。「ダイバーシティーの実現こそ未来を築く」と説く。