Campaign staff
2017年11月13日

マッキャンの東京オフィスが内装を一新

大々的な改装には、より魅力的な職場にしていきたいという思いが込められている。

世界有数の広告会社であるマッキャン・ワールドグループ。だが日本法人のオフィスインテリアはこれまで、決して最先端のデザインとはいえないものだった。状況を打破すべく、このたび青山のオフィスの設備を刷新し、インテリアを大きく変えた。

結果はなかなか見事だ。面白みのない灰色のカーペットや凡庸なオフィス家具は一掃され、木の床や間接照明、観葉植物などが心地よい雰囲気を醸し出す。新宿にあるLINEの新オフィスとも、どことなく似ている。

このたびの改装は、政府が「働き方改革」を掲げる中で、自分たちのオフィスの環境をもっと良くしたいと同社が推し進める施策のひとつ。他にも柔軟な勤務制度や、リモートワークの導入などを進めていく予定だという。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング通信:トランプに異を唱えるブランド、ワッツアップへの逆風

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

クリエイティビティと効果の関係

クリエイティビティと効果向上は手を取り合う必要があると、マッキャン・ワールドグループ(McCann Worldgroup)のグローバルプレジデント兼最高戦略責任者は語る。

2 日前

プライバシー保護法がネット広告を規制する時代

EUのGDPR(一般データ保護規則)をはじめとするプライバシーに関する法律は、コンプライアンス部門に任せきりにすべきではない。インターネット広告に力をもたらすデータ収集の慣行こそが、プライバシー保護規制の焦点であり、マーケターも留意する必要がある

2021年1月08日

世界マーケティング短信:ネットフリックスの日本向けキャンペーン、過労死で揺れる中国テック業界

2021年最初の「世界マーケティング短信」は、年末から年始にかけての注目すべき動向をお届けする。