Campaign staff
2017年11月13日

マッキャンの東京オフィスが内装を一新

大々的な改装には、より魅力的な職場にしていきたいという思いが込められている。

世界有数の広告会社であるマッキャン・ワールドグループ。だが日本法人のオフィスインテリアはこれまで、決して最先端のデザインとはいえないものだった。状況を打破すべく、このたび青山のオフィスの設備を刷新し、インテリアを大きく変えた。

結果はなかなか見事だ。面白みのない灰色のカーペットや凡庸なオフィス家具は一掃され、木の床や間接照明、観葉植物などが心地よい雰囲気を醸し出す。新宿にあるLINEの新オフィスとも、どことなく似ている。

このたびの改装は、政府が「働き方改革」を掲げる中で、自分たちのオフィスの環境をもっと良くしたいと同社が推し進める施策のひとつ。他にも柔軟な勤務制度や、リモートワークの導入などを進めていく予定だという。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

6 時間前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

1 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。