Campaign staff
2017年5月18日

マッシブミュージックの東京オフィス設立記念パーティー

オランダの音楽制作会社が日本に進出した。

オランダ・アムステルダムに本拠地を置く音楽プロダクション「MassiveMusic(マッシブミュージック)」が、南青山(港区)にオフィスを開設した。日本市場のみならずアジア全域への展開を視野に入れる。

5月11日には設立記念パーティーが行われ、400人が招待された。会場はオフィスから近く、音響も素晴らしいイベントスペース「WALL&WALL」で、「DJ社長」やマッシブミュージックの「DJ Kickflip」がフロアを沸かせた。

マッシブミュージックは、ハンス・ブラウアー氏が2000年に創業。かつてSynに所属していた照井淳也氏が取締役として東京オフィスを率い、Tamon Fujii氏(ビジネス開発責任者)、リック・サクライ氏(クリエイティブディレクター/作曲家)も在籍する。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2021年2月19日

世界マーケティング短信:プラットフォームとニュース配信

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年2月18日

TikTok大幅改善、SNS各社のメディア責任指数スコアが大きく向上

IPGメディアブランズが定期的に発表しているメディア責任指数で、TikTokを筆頭にソーシャルプラットフォームのスコアが軒並み向上した。だが、彼らが取り組むべきことはまだまだ多い。

2021年2月18日

550万ドルのスーパーボウルCMが理にかなっている理由

デジタルの代替手段がいくつもあるのに、スーパーボウルでCMをオンエアする理由が本当にあるのだろうか。これに対し、グラクソ・スミスクライン(GSK)コンシューマー・ヘルスケアのジェリー・デイキン氏は説得力のある理由を5つ挙げた。

2021年2月11日

世界マーケティング短信:笑いを誘うスーパーボウルCM

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。