Campaign staff
2017年5月18日

マッシブミュージックの東京オフィス設立記念パーティー

オランダの音楽制作会社が日本に進出した。

オランダ・アムステルダムに本拠地を置く音楽プロダクション「MassiveMusic(マッシブミュージック)」が、南青山(港区)にオフィスを開設した。日本市場のみならずアジア全域への展開を視野に入れる。

5月11日には設立記念パーティーが行われ、400人が招待された。会場はオフィスから近く、音響も素晴らしいイベントスペース「WALL&WALL」で、「DJ社長」やマッシブミュージックの「DJ Kickflip」がフロアを沸かせた。

マッシブミュージックは、ハンス・ブラウアー氏が2000年に創業。かつてSynに所属していた照井淳也氏が取締役として東京オフィスを率い、Tamon Fujii氏(ビジネス開発責任者)、リック・サクライ氏(クリエイティブディレクター/作曲家)も在籍する。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

32 分前

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

39 分前

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。

43 分前

メールマーケティングを成功に導く8つのTips

メールは、最も強力なコミュニケーション手段の一つであることに変わりはない。顧客にメール送信を許可してもらえるのはきわめて得難い特権だ。ブランド構築やデジタルマーケティングを手がけるArchetypeのシニアデジタルコンサルタントが、その特権を有効活用するためのTipsを8つ紹介する。大切なのは、信頼を裏切らないことだ。

52 分前

デジタル広告測定が困難な理由

測定には欠陥があり、指標も断片化されているため、マーケターをミスリードする可能性がある。Quantcastの東南アジア担当マネージングディレクターは、さまざまなアプローチの長所と短所を比較検討し、バイアスを減らして、情報に基づく意思決定を行うよう助言している。