Campaign staff
2017年5月18日

マッシブミュージックの東京オフィス設立記念パーティー

オランダの音楽制作会社が日本に進出した。

オランダ・アムステルダムに本拠地を置く音楽プロダクション「MassiveMusic(マッシブミュージック)」が、南青山(港区)にオフィスを開設した。日本市場のみならずアジア全域への展開を視野に入れる。

5月11日には設立記念パーティーが行われ、400人が招待された。会場はオフィスから近く、音響も素晴らしいイベントスペース「WALL&WALL」で、「DJ社長」やマッシブミュージックの「DJ Kickflip」がフロアを沸かせた。

マッシブミュージックは、ハンス・ブラウアー氏が2000年に創業。かつてSynに所属していた照井淳也氏が取締役として東京オフィスを率い、Tamon Fujii氏(ビジネス開発責任者)、リック・サクライ氏(クリエイティブディレクター/作曲家)も在籍する。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:デジタル広告の透明性向上へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

プライバシー尊重をめぐる複雑な状況とは

これまで不信感を募らせてきたAPACの消費者は、公平な価値交換を承諾してくれるのか、それとも個人を特定できる情報(PII)を使用しないコンテクスチュアルソリューションが主流になるのか、業界の専門家たちがこうした点について議論した。

3 日前

D2Cの活況は、パンデミック後も続くのか

大小さまざまなブランドが消費者に直接リーチする機会を狙っているが、その一方で、パンデミックがもたらしたこの消費行動の変化が、彼らの大幅なフォーカスの変更を正当化し続けてくれることを願っている。

3 日前

WPP、マイクロソフトとの提携でクリエイティブを強化

WPPとマイクロソフトとの関係が深化している。その領域はクリエイティブ面にも波及。WPPは新たにクラウドプラットフォーム「クラウドスタジオ」を導入する。