Ryoko Tasaki
2016年10月17日

洗練されたオフィスに「ゆるキャラ」―ジオメトリー・グローバル・ジャパン

2014年に設立されたジオメトリー・グローバル・ジャパン(WPPグループ)が、オフィスを一新した。白・黒・木目で統一されたインテリアと、随所に配されたペンダントライトが温かみを演出。広々としたオフィスは整理整頓が行き届いており、遮るものがない開放的な空間となっている。内装は社員が手掛けた。

エントランスで来訪客を迎えるのは、同社のマスコット「じおめ鳥」だ。外資系企業にゆるキャラとは意外だが、グローバルに羽ばたく同社の姿勢を表している。

また、リニューアルに合わせて「ひとこと ひきだし」も製作した。社内コミュニケーションに潤いを与えることを目指したこのコンパクトな引き出しは、クライアントに配られている。引き出しの中には、円錐状に丸めると花束やクラッカーになる用紙が収められ、感謝や祝福の気持ちをつづって手渡すことができる。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:バイアスと生きづらさ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

Netflix CMOが語る、ニュアンスとクリエイティビティの重要性

Netflixの最高マーケティング責任者ボゾマ・セント・ジョン氏は、Adobe Experience Makers Asia 2021の聴衆に対し、マスコミュニケーションの古いルールから脱却し、ひとつのグループに焦点を当て、その声に耳を傾けるよう呼びかけた。

1 日前

ラグジュアリーブランドがNFTやメタバースに注目する理由

NFT? スキン? クリプトパンク? もううんざり? ただの雑音? しかし、ラグジュアリーブランドにとっては、あなたが思う以上にエキサイティングなのかもしれない。

4 日前

アクセンチュア、CXエージェンシー「タンバリン」を買収

タンバリンはセールスフォースコマースクラウド(SCC)を活用したeコマースサイトの構築、カスタマーエクスペリエンス(CX)の創出に強みを持つ。