Ryoko Tasaki
2016年10月17日

洗練されたオフィスに「ゆるキャラ」―ジオメトリー・グローバル・ジャパン

2014年に設立されたジオメトリー・グローバル・ジャパン(WPPグループ)が、オフィスを一新した。白・黒・木目で統一されたインテリアと、随所に配されたペンダントライトが温かみを演出。広々としたオフィスは整理整頓が行き届いており、遮るものがない開放的な空間となっている。内装は社員が手掛けた。

エントランスで来訪客を迎えるのは、同社のマスコット「じおめ鳥」だ。外資系企業にゆるキャラとは意外だが、グローバルに羽ばたく同社の姿勢を表している。

また、リニューアルに合わせて「ひとこと ひきだし」も製作した。社内コミュニケーションに潤いを与えることを目指したこのコンパクトな引き出しは、クライアントに配られている。引き出しの中には、円錐状に丸めると花束やクラッカーになる用紙が収められ、感謝や祝福の気持ちをつづって手渡すことができる。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:ソーシャルメディアの転換期

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

Women Leading Changeアワード、受賞者発表

広告界に変革をもたらすアジア太平洋地域の女性たちが選ばれた。

4 日前

ソレル卿に前言撤回させたいならば、PR業界は進化せねばならない

マーティン・ソレル卿が先日、PR業界のことを「プレスリリース」「酒浸りの接待ランチ」「アナログ」と表現し、急成長中のS4キャピタルには合わないと切り捨てた。これに猛然と反論するPR業界の言い分は、もっともだ。

4 日前

ロックダウン時代の「冒険者たち」

ネット時代、「冒険家=勇気ある旅行者」の役割を担ってきたミレニアル世代。移動制限がしかれた今、彼らはどこへ向かうのか。