Ryoko Tasaki
2016年10月17日

洗練されたオフィスに「ゆるキャラ」―ジオメトリー・グローバル・ジャパン

2014年に設立されたジオメトリー・グローバル・ジャパン(WPPグループ)が、オフィスを一新した。白・黒・木目で統一されたインテリアと、随所に配されたペンダントライトが温かみを演出。広々としたオフィスは整理整頓が行き届いており、遮るものがない開放的な空間となっている。内装は社員が手掛けた。

エントランスで来訪客を迎えるのは、同社のマスコット「じおめ鳥」だ。外資系企業にゆるキャラとは意外だが、グローバルに羽ばたく同社の姿勢を表している。

また、リニューアルに合わせて「ひとこと ひきだし」も製作した。社内コミュニケーションに潤いを与えることを目指したこのコンパクトな引き出しは、クライアントに配られている。引き出しの中には、円錐状に丸めると花束やクラッカーになる用紙が収められ、感謝や祝福の気持ちをつづって手渡すことができる。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2021年7月30日

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

2021年7月30日

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月30日

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

2021年7月30日

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。