2017年1月04日

TBWA、チャリティーイベントを東京、シンガポール、上海で開催

アートを通じて教育に貢献する活動を、アジア3都市を含む13の拠点で実施した。

TBWAは、世界各地の学校やコミュニティーセンターでアートスタジオを運営する団体「Room13」を支援している。12月13日夜には、シンガポール、上海、東京など13都市の同社オフィスで、写真展が開催された。

写真展では、Room13の活動の活動を通じて撮影技術を学んだ南アフリカの子どもたちによる作品が展示され、オークションにかけられた。売上は活動資金に充てられる。

オープニングスピーチを行ったのは、南アフリカ共和国大使館の政治部参事官、レネー エバーソン・バーニー氏。「教育とは、世界を変えるために用いることができる最も強力な武器である」という同国の元大統領、故ネルソン・マンデラ氏の言葉を紹介した。

タグ

関連する記事

併せて読みたい

36 分前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 時間前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

2 時間前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。

2 時間前

2021年のブランド体験を牽引する5つのトレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる暗い影響が続くなか、Campaignは英国の実績豊富なトップエージェンシー数社への取材を基に、2021年のブランドイベントがどのようなものになるのかを予測した。