オリンピック

Premium
ユニクロ、スポーツブランドとして一歩前進
Premium
2019年1月25日

ユニクロ、スポーツブランドとして一歩前進

ユニクロが、スウェーデンの五輪代表にウェア提供することに。020年東京五輪ならびに2022年北京冬季大会で着用される。

Premium
オリンピックで注目されるには、人とは違った道を選べ
Premium
2017年3月02日

オリンピックで注目されるには、人とは違った道を選べ

オリンピックのように大規模なスポーツ大会で注目を集めるには、ブランドは「いかにもオリンピック」というのとは異なった感情を喚起する必要がある。

Premium
五輪スポンサーシップのカギは、「体験」
Premium
2016年11月01日

五輪スポンサーシップのカギは、「体験」

スポーツファンは、スポンサーブランドからのメッセージなどには耳を貸そうとしない。だが、ブランド体験に関しては前向き - リオ五輪で日産自動車のスポンサーシップ戦略を手がけたコンサルタントはこのように語る。

Premium
Q&A: 変わりゆくスポーツスポンサーシップを理解する
Premium
2016年10月21日

Q&A: 変わりゆくスポーツスポンサーシップを理解する

より多くの機会がもたらされるが、そこには落とし穴もある。

Premium
2020年東京五輪がリオとは決定的に異なる6つの点
Premium
2016年9月01日

2020年東京五輪がリオとは決定的に異なる6つの点

我々が直視すべきなのは、オリンピックが時代の波に乗り遅れているという点である。しかしR/GAのソーシャル部門グローバルマネージングディレクターは「日本での開催時にはめざましく進化するだろう」と楽観視している。技術の進歩は、今までのスポーツマーケティング戦略を踏襲するだけでは済まないことを意味する。このことをブランド各社は(スポンサーであるか否かにかかわらず)肝に銘じる必要がある。