ias

2022年2月25日

2022年、デジタル広告業界のトレンドを読む

インテグラル・アド・サイエンス(IAS)が国内デジタル広告業界の今年の動向を予測する調査結果を発表した。専門家たちが重視するメディアはモバイル、デジタル動画、ソーシャルメディア。アドフラウド(広告詐欺)やブランド毀損への懸念も依然高いことがわかった。

2021年12月06日

日本のマーケターは「コンテキスト広告」の活用を

マーケターにとって、デジタルメディアの品質向上に注力することは必要不可欠だ。では、高品質のインプレッションを特定するにはどうすればいいのか。その対策をご紹介する。

2021年10月20日

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

2021年9月24日

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

2021年4月19日

広告詐欺、日本は世界最悪レベル:IAS調査

アドフラウド(広告詐欺)は世界的に減少傾向にあるものの、日本では増加 −− インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の調査で、日本のデジタル環境の不備が浮き彫りになった。

2019年10月31日

日本の消費者が重視するのは広告の「環境」

日本人は、オンライン広告の環境(どのようなサイトや場所に掲示されるか)に極めて敏感 −− ある調査でこのような結果が出た。