Ryoko Tasaki
2020年12月18日

グルメ系インフルエンサー、こだわりのドッグフードに舌鼓

セレブリティシェフが提供する独創的な創作料理が、味や安全性にこだわったドッグフードから作られたというから驚きだ。

新鮮な食材を用い、保存料や添加物を使用していないヒューマングレード(人間向けの食品と同等の品質)が特長の、シンガポールのドッグフードブランド「Furry’s Kitchen」が、人気のグルメ系インフルエンサー達に試食してもらった様子を公開した。

彼らは、著名なシェフであるジャスティン・クエック氏が近々オープンするレストランの試食会ということで招かれており、これから試食する料理がドッグフードから作られていることは知らされていない。例えば、鶏肉に玄米やグリーンピースなどを加えたドッグフードが、ヴルーテソースとフレッシュハーブを添えたスープになるなど、本格的なコース料理が振る舞われた。

参加者たちは、「祖母の手料理を思い出すような、なめらかな口当たり」「さまざまな味が混ざり合い、パンチがある」と大絶賛。グルメ系インフルエンサーが認めた味ならば、犬もきっと夢中になるはず…と締めくくられる。企画・制作はオグルヴィ。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:大胆なアイデアで、気づきから行動へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

異例の五輪 社会貢献に注力したトヨタ

東京五輪の主要スポンサーだったトヨタ自動車にとって、今夏の大会は決して期待通りのものではなかった。だがアクティベイションを「社会善」に転換、消費者から大きな共感を得た。

1 日前

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

1 日前

バーチャルマーケティングの限界にどう対応するか:セールスフォース

データソースの爆発的な増加やバーチャルマーケティングの飽和、そしてパンデミックがもたらした市場の変化が定着する中でマーケターに求められるスキルアップなどについて、セールスフォースのAPACマーケティング担当シニアディレクターが語る。