David Blecken
2017年6月14日

中年層の感情をゆさぶるネスレ日本のショートフィルム

高校の同窓会にまつわる甘くてほろ苦い恋心を、ネスレのブランディング動画が描く。

俳優の黒木瞳が監督を務めたショートフィルム「わかれうた」は、前編と後編の2本の動画からなるシリーズだ。変わらない友情、大人になってからの再会、そして甘酸っぱい恋の思い出がテーマとなっている。
主人公は、成熟の年を迎えたシングルマザー。高校の同窓会への出席を期に、かなわなかった恋の記憶がよみがえり、もし成就していたらどうなっていたかと思いをめぐらせる。さらには、新しい関係が始まる予感も……。(詳しくは後編へ)

作品の完成発表会は、ネスレ日本が協賛する「ブランデッドショート」で行われた。登壇した代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏は、「感情をゆさぶるような体験を、テレビCMではなし得なかった次元で提供したかった」と語る。監督自身の修学旅行の思い出に着想を得たというこの作品に、ネスレ商品が登場する場面は最小限に抑えられている。

高岡氏によると、同社はネスカフェブランドをストレートに訴求するCMを過去数年にわたって展開し、認知度は上がった。しかし消費者と感情面でのつながりを構築することは、容易ではない。そこでフォーマットに自由度があり、クリエイティブへの制約が少ないブランディング動画に、可能性を見出したのだという。

またオンライン動画は、国境も越えることができる。例えば、同社は日本のキットカットを韓国で昨年秋に販売開始したが、すぐに10%のシェアを獲得できたのは、日本で行ってきた施策が奏功したためだという。「良いブランディング動画がもたらす効果は絶大なのです」

Campaignの視点:
まず浮かんだのは、前編12分、後編15分という動画の長さへの懸念だ。長いコンテンツを作ることができるからといって、長い作品を作らなくてもいいのだ、と。

しかし作品はストーリーや演技、音楽によってうまくまとめられている。登場人物の置かれた状況や心境は、多くの人にとって感情移入しやすいものとなっているし、控えめなプロダクトプレイスメント(商品の露出)も好感を持てる。

結局のところ、視聴者が見たいのは、視聴者自身についての物語であって、ブランドの物語ではないのだ。無論、この動画によってネスカフェの商品が売れるのかどうかは、まだ分からないが。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:デジタル広告の透明性向上へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

プライバシー尊重をめぐる複雑な状況とは

これまで不信感を募らせてきたAPACの消費者は、公平な価値交換を承諾してくれるのか、それとも個人を特定できる情報(PII)を使用しないコンテクスチュアルソリューションが主流になるのか、業界の専門家たちがこうした点について議論した。

1 日前

D2Cの活況は、パンデミック後も続くのか

大小さまざまなブランドが消費者に直接リーチする機会を狙っているが、その一方で、パンデミックがもたらしたこの消費行動の変化が、彼らの大幅なフォーカスの変更を正当化し続けてくれることを願っている。

2 日前

WPP、マイクロソフトとの提携でクリエイティブを強化

WPPとマイクロソフトとの関係が深化している。その領域はクリエイティブ面にも波及。WPPは新たにクラウドプラットフォーム「クラウドスタジオ」を導入する。