Campaign staff
2018年10月16日

広告界の日常をありのままに、そして可笑しく描くCM

豪州のエージェンシーによるCMが、広告制作のキャリアにおける「トラウマ」を明らかにした。

メルボルンに拠点を置くカミンズ&パートナーズ(Cummins & Partners)が、広告界で働くことの厳しさを描いた動画を公開した。交通事故でも生き延びることができる人物を描いて数々の賞を獲得した「Meet Graham」の、秀逸なパロディーとなっている。

登場するのは、体重過多な白人男性「グラント」。広告界で生き延びることができる唯一の人物だ。(元ネタとなったグラハムは、交通事故に耐えられるよう、グロテスクともいえる特長的な身体をしていた)

グラントの耳は「矛盾するさまざまな意見をフィルタリング」する機能があり、批判をそらすため皮膚は「異常なまでに厚い」。他にも、尋常でない強さを誇る肝臓や、その「代償として」小さくなった男性器、クライアントとのミーティングのために取り外し可能となった脊椎などを備えていると、ナレーションが淡々と伝える。

動画の最後は、架空のメディア取材事例や、取り立てて凄いわけでもない数々の成果を列挙。これも、事例紹介動画によく見られるパターンである。

この動画は、メルボルン・アドバタイジング・アンド・デザイン・クラブによる表彰イベントのプロモーションのため制作された。カミンズ&パートナーズが公開したプレスリリースには「オリジナルの企画に代わるものはないことを、この動画は明確に証明している――ただし、パロディーする場合を除いては」と記されている。

笑える動画ではあるが、他人事ではすまない人もいるのでは……?

(編集:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

2 時間前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

3 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:博報堂

昨年は海外企業の買収など幅広く事業を展開、クリエイティブ面でも健闘した博報堂。こうした実績は、果たして自社評価に見合うものなのか。

3 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:電通

組織改革中の電通にとって2019年は、日本国内では比較的安定感があるものの、海外事業においては困難な一年であった。目下の課題は、インクルーシブな「One Dentsu」の文化を創造していくことだ。

3 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:Dentsu X

リーダーシップ層が幾度も変わった、dentsu X。力強い創造性を武器に、顧客からの価格への圧力と、2018年の収益減少という2つの課題に挑む。