David Blecken
2016年11月24日

日清のサムライ超絶パフォーマンス、さらなる「高み」へ

今度はサムライがポゴスティック(ホッピング)- 日清の奇想天外なアイデアは、とどまるところを知らない。

日清食品がカップヌードルのプロモーションとして展開するシリーズ、「Crazy Makes the Future」。その最新コンテンツは、伝説的な「七人の侍」の大胆な現代風アレンジだ。

この2分間の動画は、2016-2017シーズンにおけるカップヌードルのグローバルCMとして日本とブラジルを皮切りに、インド、インドネシア、シンガポールなど世界各国で展開される。ブラジルのリオ市街や海、雪山などを舞台に甲冑を身に纏った7人のサムライがサーフィン、スケートボード、BMX、フリースタイルスキー、ポゴスティック(ホッピング)といったエクストリームスポーツで超高難度のパフォーマンスを繰り広げる。

既にYoutubeでの再生回数は300万回に迫りつつあり、テレビCMも放映されている。日清は、サムライとスポーツを組み合わせたCMを2014年にも制作した。ブラジルでのFIFAワールドカップ開催に合わせ、全身を鎧に包んだサムライが息を呑むようなリフティングの足さばきを披露する内容だった。

3月から展開中の「Crazy Makes the Future」シリーズは電通が手がけ、日清の際立った個性が実によく表現されている。Youtubeの動画では、「世界を変えるのは、いつだって一人の人間の『熱』。同じバカなら、世界を沸かせるバカになれ」という日清からのメッセージが添えられている。

Campaignの視点: このCMで何を伝えたいのだろうか。メッセージのテーマ性には疑問符がつくが、映像自体は期待を裏切らないエンターテインメント性と出来栄えだ。特に、刀をストックにしてスキーをするサムライが面白い。

だが、日清には是非お願いしたいことがある。次回作では日本を象徴する新しいアイコンを起用してほしい。サムライ(そして女子高校生も)のキャラクターは数々のブランドに乱用されており、結局どれも似たり寄ったりに見えてしまうことは否めない。2014年の動画に登場したサムライのリフティングは、紛れもなく素晴らしかった。同一テーマでシリーズを続けることは理にかなっているし、安全でもある。だが日本の豊かな文化を鑑みれば、グローバルな訴求力のあるアイコンはほかにもいるはずだ。仮にそれが「主力級」でなくても、日清のクリエイティブ力をもってすればインパクトのあるアイコンに仕立て上げることは十分可能だろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。