Ryoko Tasaki
2016年10月20日

未来感のあるアシックスタイガーのMV

さまざまな表情を見せる高機能シューズを表現した不思議な動画が、グローバルに公開された。

アシックスタイガーは9月、動画「TRANSFORM COLOR.」を世界各地に向けて発信した。刷新されたばかりのブランドロゴが使われたのは、この作品が初めて。

同ブランドのシューズは、クッション性やフィット感などを高める工夫が随所に凝らされた、高い機能で知られる。このほど発表されたのは、見る角度によって色が変化する新素材「カメレオイドメッシュ」を用いた、見た目にもユニークなモデルだ。

店頭とオンラインで公開されたスペシャルムービーには、気鋭の映像作家・近藤寛史氏が監督に起用され、ヒムロヨシテル氏がサウンドデザイナーを務めた。同シューズを着用する男性が、夜の街並みにとけ込んだり目立ったりと、まさにカメレオンのように自在に変化する様子が描かれている。

Campaignの視点:時間や空間の歪みが特徴的なこの動画は、スリットスキャンと呼ばれる映像手法が用いられている。1968年公開の映画「2001年宇宙の旅」で使われた、決して新しくはない手法だが、さまざまな表情を見せるシューズの世界観を効果的に表現している。

(文:田崎亮子)

 

 

提供:
Campaign Japan

併せて読みたい

1 日前

電通、クリエイティブの新指針「ブレイブ・ニューノーマル」

2月22日から25日にかけて開催されたバーチャルイベント「スパイクスアジア × Campaign」。電通マクギャリーボウエンのグローバルプレジデントを務めるマーリー・ハイミー氏は、ニューノーマル時代のクリエイティブで鍵となる5つの要素を挙げた。

1 日前

エージェンシー・レポートカード2020:アジア主要エージェンシーの査定

年に1度、アジア太平洋地域(APAC)の主要エージェンシーを総合的に評価するCampaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード」。18回目となる今年はどのような結果が出たのだろうか。

1 日前

エージェンシー・レポートカード2020:博報堂

博報堂は売上減など深刻な課題に直面しているが、働き方改革を進め、コミュニティー、サステナビリティー、イノベーションへの投資を強化している。

1 日前

エージェンシー・レポートカード2020:電通

電通のスケールの大きさと企業能力は、アジア太平洋地域(APAC)で依然強い存在感を放つ。しかし、「シームレス化」という課題はまだ志半ばだ。