Ryoko Tasaki
2016年10月20日

未来感のあるアシックスタイガーのMV

さまざまな表情を見せる高機能シューズを表現した不思議な動画が、グローバルに公開された。

アシックスタイガーは9月、動画「TRANSFORM COLOR.」を世界各地に向けて発信した。刷新されたばかりのブランドロゴが使われたのは、この作品が初めて。

同ブランドのシューズは、クッション性やフィット感などを高める工夫が随所に凝らされた、高い機能で知られる。このほど発表されたのは、見る角度によって色が変化する新素材「カメレオイドメッシュ」を用いた、見た目にもユニークなモデルだ。

店頭とオンラインで公開されたスペシャルムービーには、気鋭の映像作家・近藤寛史氏が監督に起用され、ヒムロヨシテル氏がサウンドデザイナーを務めた。同シューズを着用する男性が、夜の街並みにとけ込んだり目立ったりと、まさにカメレオンのように自在に変化する様子が描かれている。

Campaignの視点:時間や空間の歪みが特徴的なこの動画は、スリットスキャンと呼ばれる映像手法が用いられている。1968年公開の映画「2001年宇宙の旅」で使われた、決して新しくはない手法だが、さまざまな表情を見せるシューズの世界観を効果的に表現している。

(文:田崎亮子)

 

 

提供:
Campaign Japan

併せて読みたい

1 日前

エージェンシーとブランドの関係性、5種類を定義 英IPA

広告界の主流は「巨人モデル」と「エンジニアモデル」。だが、エージェンシーとクライアントの最適な関係性について、意見は分かれている。

1 日前

保護犬を育てるメリットを、すぐ使えるスライドで公開

前の飼い主から放置されるなどの理由で保護された犬を、我が家でも育ててみよう――パートナーにこのように説得する際に役立ちそうな資料を、ドッグフードブランドが公開した。

1 日前

世界マーケティング短信:しなやかな強さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

「フェスティバル化」がイベントを成功に導く

バーチャルによるリアルなイベントの再現に注力するのではなく、バーチャルとリアルの双方から最良の部分を取り入れることで、オーディエンスのエンゲージメントをまったく新しいレベルに引き上げられるとTBA Creative Network香港法人のゼネラルマネージャーは語る。