Campaign staff
2018年10月24日

樹皮のスナック、そのお味は…?

スギ、ヒノキ、マツなどの間伐材を用いたメニューが、奥多摩の野外レストランで提供された。

不動産・住宅情報サイト運営など数々の事業を手掛けるライフルが今月上旬、間伐材をテーマにした食のイベント「地球料理 -Earth Cuisine-」を開催した。24組の招待客たちが招かれたのは、奥多摩のうっそうとした森の中の野外レストランへ。メニューは、ヒノキとラベンダーのアンフュージョン、樹皮のスナック、土と水のコンソメ、牡蠣のポシェ 杉とローズマリーのニョッキとともに、鳩のロースト 薪仕立て、大地のブランマンジェである。

このプロジェクトの目的は「地球の新たな食材を見つけること」、そして「食べることで森を守ること」だと同社は説明する。

森林の成長過程で密集化する立ち木を間引いた「間伐材」を特別なウッドパウダーに加工し、全ての料理に使用。メニューを手掛けた田村浩二シェフは、開店わずか2カ月でミシュランの星を獲得したことで知られる。

上記のメニューは、同社が千代田区内で運営するライフルテーブルでも、5日間限定で提供される。

地球環境への関心が高い会社として同社を位置づける、興味深い取り組みだ。森林の適切な整備・保全を促し、持続可能性に貢献するという点も評価したい。

では、食材としてその味はどうだったのか? 動画におさめられた招待客の表情から判断すると、だんだんと好きになる味のようだ。

(翻訳・編集:田崎亮子)

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。