2016年12月16日

涙を誘うバイラル動画の活用

涙腺の緩む動画で知られるタイの生命保険大手が、胸を締め付けるような最新作「チャンス」を発表した。

パートナーコンテンツ

タイの大手生命保険会社「タイライフ保険会社(以下「タイライフ社」)は、目を潤ませる感動の動画「チャンス(Opportunity)」をリリースした。

この動画は「逆境に立ち向かうこと」、つまり、勇敢さや強さ、他人のために正しい行いをすることなどをテーマにしている。どこにでもいる普通の人がヒーローになるという、同社の代名詞ともいえるストーリー展開だ。この動画を見れば、女性の主人公を応援し、彼女が幸せになるよう心から願わずにはいられないだろう。

同社の泣かせる動画は他にも、#FollowTheFather(ユーチューブ再生回数490万回)、Street Concert(同800万回)、Unsung Hero(同2890万回)、Garbage Man(同410万回)などがある。インターネット上で拡散しているので、見たことがある人も多いのではないだろうか。

まるで映画のような胸に迫るテレビCMのシリーズは近年、タイライフ社の名と同義語のようになっている。生命保険会社が同社のように消費者の感情に訴えることは、実はまだ珍しい。感情にストレートに訴求する純粋なストーリーテリングで、同社と消費者は深い部分でつながっている。そして、心をつかまれたのはタイ本国の人々に留まらない。一連の感動的な物語には、同社の中核をなす信条の一つである「命の価値」が描かれている。

最新作「チャンス」は、きちんとした服装の中年の女性が採用面接で、チャンスを与えられたことを雇用主に感謝するシーンから始まる。雇用主は「チャンスはどうやって訪れると思う?」と質問する。そして、主人公がこれまでたどってきた人生を振り返り、恵まれた者の世界と恵まれない者の世界の二つを経験してきたことが描写される。

動画の冒頭、自立した女性が自らチャンスを生み出す様子が映し出される。そして「以前にチャンスを掴んだことがないから、チャンスが訪れるのでしょうか?」との質問が視聴者に投げかけられ、主人公がチャンスを手にするまでに歩んだ道のりが語られるのだが、これが実に悲しい話なのだ。

彼女は子どもと共に家から追い出され、路上生活を余儀なくされる。その結果、幼い息子は彼女の腕の中で悲劇的な死を遂げる。ほこりの舞うバンコクの道端で、彼女は悲しみに打ちひしがれる。

ある日、ホームレスの小さな男の子が母親に抱かれて咳込む姿に、主人公は自身の不幸から目覚めてハッとする。この母親と男の子が自分と同じ目に遭わないように助けること、人のためにチャンスを創り出すことが、自分の使命だと気付くのだ。主人公がしっかり握っていた最後のパオ(肉まん)を男の子に差し出すシーンは、タイで広く信じられている「何かを手放すと、より多くを手に入れるための自由が得られる」という、大きなテーマを象徴している。

こうして主人公は自らを奮い立たせ、仕事を見つけるためにあらゆる手を尽くす。そして、粘り強さが実を結び、保険会社(タイライフ社と思われる)の採用面接に合格し、彼女は職を得る。

最後のシーンでは、保険の書類を持っていなかったために瀕死の子どもの手術を断られた母親の姿と、その母親に保険の書類を届けようと病院の中を必死に駆け抜ける主人公の姿が交互に映し出される。

心に沁み入るストーリーが、美しい映像と音楽によって引き立てられたこの作品。見ればきっと目頭が熱くなるだろう。

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。