David Blecken Ryoko Tasaki
2017年9月05日

資生堂「WASO」が描く、等身大の美しさ

化粧品大手が、ミレニアル世代をターゲットとした新ブランドを展開。最新の動画では、リアルな日常がシンプルかつピュアに描かれる。

資生堂は、ミレニアル世代をターゲットにグローバルで展開する新ブランド「WASO(ワソウ)」のプロモーションフィルムとして、新たに2本の動画を公開した。

「On The Road」篇を撮影したのは、アーティストやスケートボーダーとしても活躍する映像作家、ジュリアン・クリンスウィックス。同氏がガールフレンドのイーリーと共に登場する作品と、スタイリストのジェニー・チョイを起用した作品とがある。

のびのびと過ごす若者の日常という文脈の中で、商品を訴求しているこの動画は、ローンチキャンペーンを手掛けたワイデン+ケネディがディレクションを担当。また、自然素材を生かした商品であることも、さりげなく伝えている。

Campaignの視点:
他の化粧品メーカーではなかなか見ることのできない優雅さは、ローンチ当初に述べたとおり。少し褪せたような色彩と音楽が、まるで夢を見ているかのような雰囲気を醸し出しており、日常生活をそのまま切り取ったかのようだ。美容関連の広告にありがちな、完璧すぎる美しさとは一線を画した作品となっている。
ただし、スマートフォンでの視聴が中心となるミレニアル世代にとって、2分間というのは長尺。抑揚を抑えた動画を、はたして最後まで集中して視聴してもらえるかどうかは不明だ。

(文:デイビッド・ブレッケン、田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

4 日前

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。

4 日前

APACのブランドセーフティ指標が大きく改善:ダブルベリファイ調査

ダブルベリファイの調査によれば、APACではモバイルアプリ広告の品質も向上している。また、アドフラウドが減少し、動画広告のビューアビリティが向上したことも確認された。ただし、ディスプレイ広告のビューアビリティはやや低下している。