David Blecken Ryoko Tasaki
2017年9月05日

資生堂「WASO」が描く、等身大の美しさ

化粧品大手が、ミレニアル世代をターゲットとした新ブランドを展開。最新の動画では、リアルな日常がシンプルかつピュアに描かれる。

資生堂は、ミレニアル世代をターゲットにグローバルで展開する新ブランド「WASO(ワソウ)」のプロモーションフィルムとして、新たに2本の動画を公開した。

「On The Road」篇を撮影したのは、アーティストやスケートボーダーとしても活躍する映像作家、ジュリアン・クリンスウィックス。同氏がガールフレンドのイーリーと共に登場する作品と、スタイリストのジェニー・チョイを起用した作品とがある。

のびのびと過ごす若者の日常という文脈の中で、商品を訴求しているこの動画は、ローンチキャンペーンを手掛けたワイデン+ケネディがディレクションを担当。また、自然素材を生かした商品であることも、さりげなく伝えている。

Campaignの視点:
他の化粧品メーカーではなかなか見ることのできない優雅さは、ローンチ当初に述べたとおり。少し褪せたような色彩と音楽が、まるで夢を見ているかのような雰囲気を醸し出しており、日常生活をそのまま切り取ったかのようだ。美容関連の広告にありがちな、完璧すぎる美しさとは一線を画した作品となっている。
ただし、スマートフォンでの視聴が中心となるミレニアル世代にとって、2分間というのは長尺。抑揚を抑えた動画を、はたして最後まで集中して視聴してもらえるかどうかは不明だ。

(文:デイビッド・ブレッケン、田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。