Misaki Tsuchiyama
2016年9月28日

Airbnb、日本人ホストの心温まるエピソードを動画で紹介

Airbnbが、日本マーケットに向けた動画を初めて制作し、ウェブ上で公開している。

自社サービスが観光業界で存在感を高めている中、Airbnbはグローバルのコンテンツを展開するのではなく、日本向けコンテンツを制作。「ホスト(旅行者を自宅に宿泊させる人)として旅行客を自宅に受け入れる」という日本人には新しいサービスに、実感をもたせている。

社内チームで制作されたこの動画には、ゲストとの交流を思い思いに楽しむ3人のホストが登場。「お母さんと慕ってくれることが嬉しい」と語る女性、地域振興の一環として取り組む若い夫婦、イベントを企画して提供する起業家と、さまざまなホストが自らの心温まるエピソードを語る。

Airbnbによると、日本は「スーパーホスト(宿泊者からの評価が高い優秀なホスト)」の人数が世界の中でも多い国だが、そのホストの多くは都市圏に集中している。同社はホストの品質が高い日本において、地方での拡大を目指しており、今回の日本市場向けコミュニケーションがサービスの浸透に一役買うか、今後が期待される。

Campaignの視点:人と人との交流がベースになっているサービスにおいて、実際のユーザーの声を紹介する取り組みは非常に重要である。また、昨今の国内における「民泊」問題から生活者が抱くイメージを、このようなコンテンツで補っていくことは、2020年に向けたブランディングに欠かせない。しかし、アーリーアダプター以外にとってサービスの全体像にまだ不明瞭な部分がある日本市場では、今回の動画以外にも、今後サービス自体を紹介するコンテンツの存在が望まれているともいえる。今回の動画をきっかけに、日本市場に合わせたコンテンツが制作されるか、引き続き注目したい。

(文:土山美咲 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

3 日前

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

3 日前

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。