Misaki Tsuchiyama
2016年9月28日

Airbnb、日本人ホストの心温まるエピソードを動画で紹介

Airbnbが、日本マーケットに向けた動画を初めて制作し、ウェブ上で公開している。

自社サービスが観光業界で存在感を高めている中、Airbnbはグローバルのコンテンツを展開するのではなく、日本向けコンテンツを制作。「ホスト(旅行者を自宅に宿泊させる人)として旅行客を自宅に受け入れる」という日本人には新しいサービスに、実感をもたせている。

社内チームで制作されたこの動画には、ゲストとの交流を思い思いに楽しむ3人のホストが登場。「お母さんと慕ってくれることが嬉しい」と語る女性、地域振興の一環として取り組む若い夫婦、イベントを企画して提供する起業家と、さまざまなホストが自らの心温まるエピソードを語る。

Airbnbによると、日本は「スーパーホスト(宿泊者からの評価が高い優秀なホスト)」の人数が世界の中でも多い国だが、そのホストの多くは都市圏に集中している。同社はホストの品質が高い日本において、地方での拡大を目指しており、今回の日本市場向けコミュニケーションがサービスの浸透に一役買うか、今後が期待される。

Campaignの視点:人と人との交流がベースになっているサービスにおいて、実際のユーザーの声を紹介する取り組みは非常に重要である。また、昨今の国内における「民泊」問題から生活者が抱くイメージを、このようなコンテンツで補っていくことは、2020年に向けたブランディングに欠かせない。しかし、アーリーアダプター以外にとってサービスの全体像にまだ不明瞭な部分がある日本市場では、今回の動画以外にも、今後サービス自体を紹介するコンテンツの存在が望まれているともいえる。今回の動画をきっかけに、日本市場に合わせたコンテンツが制作されるか、引き続き注目したい。

(文:土山美咲 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。