Faaez Samadi
2018年2月02日

ウーバーとキヤノン、東南アジアのキャンペーンで協働

街の知られざる魅力を、ウーバーのデータとキヤノンのカメラを使って発掘するキャンペーンが始動した。

ウーバーとキヤノン、東南アジアのキャンペーンで協働

東南アジアの有名な街にも、まだ知られていない魅力が数多く眠っている。それを掘り起こすキャンペーンを、ウーバーとキヤノンが開始した。

「#HiddenCities」と呼ばれるこのキャンペーンは5つの都市(シンガポール、クアラルンプール、マニラ、ジャカルタ、ホーチミン)の、これまであまり注目されてこなかった場所にフォーカスするもの。場所の選定は、ウーバーの降車場所や、その後のリサーチを経て決定された。



その後はキヤノンの協力を得て、気鋭の写真家が同社のカメラでこれらの場所を撮影。目を引く作品の数々は、特設サイトで見ることができる。

「地域ごとのインフルエンサーと協働することで、ウーバーはデータ分析と文化的背景から得た知見を活用し、街の躍動感を伝えていくことができます」と、同社でアジア太平洋地域のブランドと戦略を担当するディレクター、イーシャン・ポンナデュライ氏は語る。

キヤノンシンガポールのシニアディレクターである林Naohiko氏は、「それぞれの街のユニークな特徴を描き出したこのキャンペーンによって、秘宝ともいうべき魅力を広く知らしめることにつながるのでは」と話す。

(文:ファイーズ・サマディ 翻訳・編集:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

次のCMOは、チーフ・ミュージック・オフィサー?

最高音楽責任者が経営に参画するケースが増えている。ブランドがサウンドの戦略的重要性に気づき、投資に乗り出すという、最近の広範なトレンドを象徴しているのだろうか?

3 日前

セマフォーが進めるデジタルニュースの「抜本改革」とは

グローバルニュースパブリッシャー、セマフォー(Semafor)でCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、エグゼクティブエディターのジーナ・チュア氏が、報道の「再考」について語った。

3 日前

「パタゴニア株譲渡」は、究極のブランドパーパスか?

先週、米アウトドア用品大手パタゴニアの創業者イボン・シュイナード氏が、同社の全株式を環境団体などに寄付したことを明らかにした。この大胆な決断は、他企業にとって社会貢献の手本となるのか。コミュニケーションの専門家たちに聞いた。

3 日前

世界マーケティング短信:ショート動画の収益化、PRの気候変動への責任

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。