David Blecken
2017年3月02日

オグルヴィ・ジャパンが新しいマネジメント体制を発表

米国に戻ったトッド・クルッグマン氏の後任に、サーチ&サーチ出身のベテランが着任する。

ジャック・ミックル氏
ジャック・ミックル氏

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンは今週、CEOにジャック・ミックル氏が就任すると発表した。前任のトッド・クルッグマン氏は昨年12月に米国に戻り、以降はオグルヴィ・アンド・メイザー・アジア・パシフィックの共同最高経営責任者ケント・ワータイム氏が暫定的にCEOを兼務していた。

ミックル氏はクルッグマン氏と同様にアメリカ人で、2002年から2008年にかけてサーチ&サーチ・ジャパンでマネージングディレクターとして活躍後、さまざまなアジア市場で経験を積んできた。ここ7年ほどは米国で会社を経営していたが、今回の人事で日本に戻ってきた格好だ。

オグルヴィの発表によれば、今後はグループ・ファイナンス・ディレクターの椎名礼雄氏が、チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)としてミックル氏をサポートしていく。就任に際してのミックル氏のコメントは、現段階では入手できていない。

クルッグマン氏はオグルヴィ・ジャパンに在籍した5年間、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのアジャブ・サムライ氏と共に同社を牽引してきた。現在はニューヨークで、オグルヴィ傘下のIBMグローバル・ブランド・サービシズの代表を務めている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:高野みどり 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

フェデラー選手、若いファンとの約束をサプライズで実現

テニス界のレジェンドが、かつて約束を交わした若いファンの前にサプライズで登場し、一緒にプレーを楽しんだ。

1 日前

世界マーケティング短信:アップルがDSP設立を計画か

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

広告界は「週休3日制」を受け入れられるか

中小のエージェンシーではすでに試験的に導入されている週休3日制。しかし、より多くのニーズを満たさねばならない大手企業にとっては課題が多い。

1 日前

コロナ後は50歳以上のマーケットに注目:WPPレポート

WPPオーストラリア・ニュージーランドのプレジデントは、マーケターは、予測可能で無難な、お決まりの仕事とは決別し、コロナ後の世界に魔法をもたらすべきだと説いている。