Sachiko Nishihashi
2019年6月07日

カンヌライオンズ 2019受賞予測:西橋佐知子(電通)

今年のカンヌライオンズで受賞が期待される作品を予測する本企画。今回は電通の西橋佐知子MD/ECDが選んだ作品をご紹介する。

西橋佐知子氏
西橋佐知子氏

今月開催されるカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル。Campaignは数名のオブザーバーに、今年のカンヌで高い評価を受けるであろう日本及びアジア太平洋地域の作品を選んでもらった(自社制作のものは除く)。電通MD/ECDの西橋佐知子氏が選んだのは以下の3点だ。

  1. 資生堂「The Party Bus」

メイク、衣装、ストーリー、クラフトが素晴らしく美しく、引き込まれる。メイクアップは究極の手仕事。コマを重ねるアニメーションにもメイクアップならではの温もりとロマンを感じる。LGBTQに寄り添うテーマも含め、SHISEIDOならではの表現になっている。

  1. オーストラリア・ニュージーランド銀行 「Sign of love」

豪州全土のオックスフォード・ストリート(シドニーのオックスフォード・ストリートはLGBTQのフェスティバルで有名)に目を向けるという発想、実現力。そこに、「equalfuture」への取り組みをシドニーだけの祭りに終わらせず、あらゆる場所へ広げて行くのだというオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ BANK)の意気込みを感じる。シドニーの象徴的なサインがひときわ美しく見える。

  1. ヴィックス 「One In A Million #TouchOfCare」

真実の強さ、100万人に1人の子ども(とその両親)を見逃さないまなざしの温かさが企業メッセージを強く伝えている。美しいだけでなく、勇気をくれるストーリー。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:デジタル広告の透明性向上へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

プライバシー尊重をめぐる複雑な状況とは

これまで不信感を募らせてきたAPACの消費者は、公平な価値交換を承諾してくれるのか、それとも個人を特定できる情報(PII)を使用しないコンテクスチュアルソリューションが主流になるのか、業界の専門家たちがこうした点について議論した。

3 日前

D2Cの活況は、パンデミック後も続くのか

大小さまざまなブランドが消費者に直接リーチする機会を狙っているが、その一方で、パンデミックがもたらしたこの消費行動の変化が、彼らの大幅なフォーカスの変更を正当化し続けてくれることを願っている。

3 日前

WPP、マイクロソフトとの提携でクリエイティブを強化

WPPとマイクロソフトとの関係が深化している。その領域はクリエイティブ面にも波及。WPPは新たにクラウドプラットフォーム「クラウドスタジオ」を導入する。