Campaign staff
2019年6月18日

カンヌライオンズ2019:日本勢の受賞作品

今年のカンヌライオンズで注目を浴びた、日本勢の作品を紹介していく。

カンヌライオンズ2019:日本勢の受賞作品

カンヌライオンズへのエントリー数は、昨年より4%減少したが、エントリーした人々にとって緊張感に満ちる時間であることは変わりない。同賞の前チェアマン、テリー・サベージ氏によると、受賞の可能性は約3.6%だという。

受賞結果が発表され次第、こちらを随時更新していく。

【フィルム部門】

ブロンズ

【ブランド・エクスペリエンス・アンド・アクティベーション部門】

シルバー

  • AIGジャパン/Pride Jersey(TBWA HAKUHODO)

【ソーシャル&インフルエンサー部門】

ブロンズ

【メディア部門】

ブロンズ

【ダイレクト部門】

ブロンズ

  • 福島民報社/おくる福島民報(電通)

【フィルムクラフト部門】

ブロンズ

【インダストリークラフト部門】

シルバー

  • JR東日本/行くぜ、東北(電通)

ブロンズ

  • 日本マクドナルド/The Very Happy Meal Font(ビーコン、レオ・バーネット)
  • 日本肢体不自由者卓球協会/パラ卓球台(TBWA HAKUHODO)
  • 北國新聞社/第102回高等学校相撲金沢大会「相撲部応援ポスター」(電通)

【エンターテインメント・ライオンズ・フォー・ミュージック部門】

ブロンズ

【デザイン部門】

ゴールド

  • 日本肢体不自由者卓球協会/パラ卓球台(TBWA HAKUHODO)

シルバー

ブロンズ

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:エージェンシーの組織変革

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

バイロン・シャープ氏が語る、COVID-19への最も賢明な対応が「広告出稿停止」だった理由

「COVID-19に関連するブランドメッセージに消費者が興味を持つだろうというマーケターの考えは“恥ずかしいほど傲慢だ”」とシャープ氏は話した。

4 日前

広告活動に回復の兆し、マーケターの信頼が回復:WFA調査

現在、キャンペーンを延期している多国籍企業は半数以下に減少。6月には90%を超えていた。

4 日前

メディアの価格上昇率、最も高い地域はAPAC

グラフで見る:パンデミック下であっても、地域ごとのメディア価格を見ると、特にディスプレイとデジタル動画で価格が上昇しているのがわかる。