Shauna Lewis
2023年10月26日

グループエム、クリエイターコンテンツでAmazon Adsと提携

このサービスは、グループ会社のザ・ゴート・エージェンシーが開発したものだ。

Amazon Ads:このサービスは、グループエム傘下のエッセンス・メディアコム、ウェーブメーカー、マインドシェア、Mシックス&パートナーズで取り扱っている
Amazon Ads:このサービスは、グループエム傘下のエッセンス・メディアコム、ウェーブメーカー、マインドシェア、Mシックス&パートナーズで取り扱っている

グループエムはAmazon Adsと提携し、インフルエンサー制作のショッパブルスポンサードコンテンツの配信をクライアント向けに提供する。

ザ・ゴート・エージェンシーが開発したこのソリューションによって、グループエムのクライアント各社は、グループ会社であるエッセンス・メディアコム、ウェーブメーカー、マインドシェア、Mシックス&パートナーズを通して、アマゾンのデマンドサイドプラットフォーム(DSP)からスポンサードクリエイターコンテンツを配信できるようになる。

Amazon DSPを使用することで、広告主はアマゾンサイトや、アマゾンが提携するさまざまなウェブサイトに広告を配信することができる。

また、広告主は、アマゾンサイトに広告を配信するだけでなく、グループエムとザ・ゴート・エージェンシーのアマゾン独占枠、「アバブ・ザ・フォールド(Above the fold)」の広告枠も購入できるようになる。

グループエム・ネクサスのグローバルコマース責任者を務めるサマンサ・ブコウスキー氏は、今回の開発は、ネクサスのコマースケイパビリティの「規模と洗練」をインフルエンサーマーケティングにつなげる「重要な一歩」だと語った。

Amazon Adsのグローバルカスタマーデベロップメントのディレクター、エイミー・アームストロング氏は、この提携が「両社の顧客」にメリットをもたらすことを期待しているという。

この提携が続く間、ザ・ゴート・エージェンシーは、オーディエンスをランディングページに導くにはどんなタイプのコンテンツが最適か評価し、それに合わせて調整することができる。

ブランドは、顧客をアマゾンサイトに再誘導するため、ブランドストアのサイトを構築して、そこにインフルエンサーコンテンツを配置することも可能だ。

Amazon Adsのエイミー・アームストロング氏は、「グループエムがこの新しい機能を活用し、インフルエンサーコンテンツを直接ショッピング体験につなげることで、我々の共通の顧客にどのようなメリットをもたらしてくれるのか、とても楽しみにしています」と語った。

ザ・ゴート・エージェンシーのグローバル最高執行責任者であるダフィズ・ウードウォード氏は、今回の提携によって、さまざまな市場でクライアントのキャンペーンパフォーマンスが「すでに向上している」と言い添えた。

提供:
Campaign; 翻訳・編集:

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:日本の総広告費が過去最高を更新

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「ハイリスク・ハイリターン」のWhatsApp

パーソナライズ化が重視される時代、マーケターは世界で最も人気が高いコミュニケーションチャネルの1つを見逃していないだろうか。

2024年2月27日

スポティファイ、社内に音楽コンサルティング事業「Aux」を設立

オークスは、キャンペーンでの音楽の使い方やアーティストとのペアリングについて、ブランドを支援していく。

2024年2月27日

クリエイターがDOOHを選ぶ理由は「ストーリーテリング」と「測定可能性」

3Dサイネージからラスベガスの「スフィア」まで、デジタルOOHの進化に伴い、ブランドは消費者の関心を引こうと新たなチャンスを見出している。