David Blecken
2016年9月06日

ニコレットとBBDOが協働

ジョンソン・エンド・ジョンソンは日本でのブランド構築に向け、BBDOジャパン と提携していくことを発表した。

ニコレットの「Do Something Amazing」を謳うキャンペーンでは、禁煙に成功できた人々の話を紹介。
ニコレットの「Do Something Amazing」を謳うキャンペーンでは、禁煙に成功できた人々の話を紹介。

BBDO ジャパンが、禁煙補助剤「ニコレット」の日本市場におけるクリエイティブを担っていくことになった。同社によれば、ニコレットがグローバルに展開する「Do something amazing(素晴らしいことをやろう)」というキーワードに基づいたローカライズを行い、「ブランドを活性化し、具現化していく」という。キャンペーンでは、ニコレットで実際に禁煙に成功した人々のストーリーを紹介していく。
「タバコを止めることは、喫煙者にとってはいまだに大きなチャレンジ。ですから彼らに禁煙を奨励し、強い意志を持ち続けられるようなキャンペーンを創出しなければなりません。そのためには人を理解し、思いやる姿勢が必要です」と語るのは、BBDO ジャパンCEOのトニー・ハリス氏。

ニコレットの国内市場での目標値や予算といった詳細に関しては、BBDOジャパンは明言しない。ニコレットは2001年に日本で初めて発売された、店頭販売用の禁煙補助製品。ガムやタブレット、飴、吸入器、経口・点鼻スプレーといった品々があり、販売は武田製薬が行っている。

ユーロモニターによる最近の調査では、日本でも健康志向の高まりで禁煙をする人々が増え、2015年の国内タバコ市場は大きく落ち込んだ。タバコ会社はフレーバー付きタバコなどの新規商品の導入で、売上の減少に対応している。その一方、電子タバコの人気は高まっており、「リキッド」や「アトマイザー(変霧器)」といった関連製品のテスト市場のようになっているのが現状だ。
BBDOジャパン はジョンソン・エンド・ジョンソンのバンドエイドと「ボディケア」ブランドのクリエイティブも担当する。新たな提携の下で生まれるクリエイティブは、10月に発表される予定。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:PTGSI 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

3 日前

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

3 日前

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。