David Blecken
2016年9月06日

ニコレットとBBDOが協働

ジョンソン・エンド・ジョンソンは日本でのブランド構築に向け、BBDOジャパン と提携していくことを発表した。

ニコレットの「Do Something Amazing」を謳うキャンペーンでは、禁煙に成功できた人々の話を紹介。
ニコレットの「Do Something Amazing」を謳うキャンペーンでは、禁煙に成功できた人々の話を紹介。

BBDO ジャパンが、禁煙補助剤「ニコレット」の日本市場におけるクリエイティブを担っていくことになった。同社によれば、ニコレットがグローバルに展開する「Do something amazing(素晴らしいことをやろう)」というキーワードに基づいたローカライズを行い、「ブランドを活性化し、具現化していく」という。キャンペーンでは、ニコレットで実際に禁煙に成功した人々のストーリーを紹介していく。
「タバコを止めることは、喫煙者にとってはいまだに大きなチャレンジ。ですから彼らに禁煙を奨励し、強い意志を持ち続けられるようなキャンペーンを創出しなければなりません。そのためには人を理解し、思いやる姿勢が必要です」と語るのは、BBDO ジャパンCEOのトニー・ハリス氏。

ニコレットの国内市場での目標値や予算といった詳細に関しては、BBDOジャパンは明言しない。ニコレットは2001年に日本で初めて発売された、店頭販売用の禁煙補助製品。ガムやタブレット、飴、吸入器、経口・点鼻スプレーといった品々があり、販売は武田製薬が行っている。

ユーロモニターによる最近の調査では、日本でも健康志向の高まりで禁煙をする人々が増え、2015年の国内タバコ市場は大きく落ち込んだ。タバコ会社はフレーバー付きタバコなどの新規商品の導入で、売上の減少に対応している。その一方、電子タバコの人気は高まっており、「リキッド」や「アトマイザー(変霧器)」といった関連製品のテスト市場のようになっているのが現状だ。
BBDOジャパン はジョンソン・エンド・ジョンソンのバンドエイドと「ボディケア」ブランドのクリエイティブも担当する。新たな提携の下で生まれるクリエイティブは、10月に発表される予定。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:PTGSI 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020、結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020」の、日本/韓国地域における受賞企業ならびに受賞者が発表された。

1 日前

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。

1 日前

メールマーケティングを成功に導く8つのTips

メールは、最も強力なコミュニケーション手段の一つであることに変わりはない。顧客にメール送信を許可してもらえるのはきわめて得難い特権だ。ブランド構築やデジタルマーケティングを手がけるArchetypeのシニアデジタルコンサルタントが、その特権を有効活用するためのTipsを8つ紹介する。大切なのは、信頼を裏切らないことだ。