Brandon Doerrer
2024年3月06日

プレミアム会員の能力開発にフォーカスした、リンクトインのキャンペーン

人々がスキル開発のため常にアクセスするプラットフォームとなることを目指し、リンクトインがプレミアム会員のブランドキャンペーンを展開している。

プレミアム会員の能力開発にフォーカスした、リンクトインのキャンペーン

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています。

リンクトイン(LinkedIn)は、初めての就職先を見つけたり、キャリア転換をしたりするためのプラットフォームとして、多くのプロフェッショナル達に知られている。しかし、リンクトインがスキルアップのためのツールを提供していることは、あまり知られていない。

そこで、単なる求人用の掲示板ではないことを強調するため、2005年に導入したプレミアム(有料)会員のブランドキャンペーンを初めて展開した。

このキャンペーンは、求職者が適性のある仕事を見つけるのを支援し、労働者がスキルを向上させる方法を教える、新しいプレミアムツールを紹介している。

公開されたのは、AIを活用して応募者の経験に合った職種を紹介する「応募者のトップ層に属す求人(Top Applicant)」機能、AIを活用して関連する求人に関するアドバイスを提供する「テイクアウェイ(Takeaways)」機能、そしてビジネススキルを磨くのに役立つ動画のオンラインプラットフォーム「LinkedInラーニング」を紹介した3つのスポットCMだ。

最初の動画は、異様に狭いオフィスに着席した男性が、より適した職場を見つける様子を描いたもの、2本目は、クローンに囲まれて面接を待つ女性が、目立つ方法をリンクトインの生成AIモデルに尋ねる様子を描いたものだ。

3本目の動画は、プレゼンテーションの聴衆が物理的に遠くへと離れていく中で、魅力的なプレゼンテーションを行う方法を学び、聴衆の関心を取り戻す様子を描いている。

リンクトインのマーケティング担当バイスプレジデント、ミンジェ・オルムス氏は「リンクトインがプレミアムのマーケティングに投資するのは、生成AIツールがユーザーのキャリアやビジネスの成長に役立つところまで進歩したからです」と語る。

同社では生成AIを使って、求人情報の提供や、投稿から重要な箇所の引き出し、プロフィールの強化、メッセージの作成などを行っている。

ユーザーのキャリアアップに役立つプレミアム機能を訴求することで、仕事を得た後もプラットフォームを継続的に利用するよう促しているのだ。

「このためにリンクトインを利用している人もいますが、重視しようと思うほどには多くありません」。

リンクトインのプレミアム会員数について、オルムス氏は明言を避けた。

このキャンペーンは、コネクテッドTV、ソーシャルメディア、オンライン動画、そしてクリエイターとのパートナーシップを通じて展開される。ソーシャルメディアやクリエイターの投稿は、まずリンクトインで実施し、その後3月までに他プラットフォームにも拡大される。

同社はDroga5やマッキャンなどとのエージェンシーと提携しているが、キャンペーンは社内で制作した。テレンス・ニール氏(ディレクター)、ピラ氏(セットデザイナー)、サム・シュピーゲルマン氏(作曲家)、レオ・スコット氏(エディター)が3点のスポット動画を手掛け、ザ・ミル(The Mill)がポストプロダクションを担当した。

少人数のクリエイティブチームに任せることで自社の強みと弱みを評価し、外部のパートナーを迅速に見つけることができた、とオルムス氏は言う。

また、キャンペーンを社内で開発することで、クリエイティブ能力のテストや強化を行え、独自のスタイルを見つけることができたという。

「それは、(ユーザーが)リンクトイン上で共有できる、あるいはできないと感じることに影響します。だからこそ私たちはここ数年間で、繰り返し説明してきました」と同氏。「これが、この作品のトーンオブボイスや軽妙さにつながったのです」。

3本のスポットCMには、ごくありふれた人々が働く中で直面する問題を取り上げ、彼らが途方に暮れる前に解決策を提示し、その結果を示すという共通点がある。不吉な雰囲気で始まった音楽は、プレミアム機能が紹介されると落ち着いた曲調に変わる。

「ここ数年、さまざまなことを試してきました」とオルムス氏。「今は本当に有意義な、成功の公式があります」。

また、数百万米ドル規模のキャンペーンであるにもかかわらず、社内で制作したことで、ブランドキャンペーンで通常費やす金額の20~25%しか使わなかったという。オルムス氏は正確なキャンペーン予算について、公表を避けた。

同社はAIを搭載したサービスのプロモーションに投資を続け、展開を進めていく。

リンクトインはコミュニティーが集って交流する場として他のソーシャルメディア・プラットフォームとも競合しているが、仕事に焦点を当てていることが差別化につながり、今後もキャンペーンで強く訴求していくだろうと同氏は付け加えた。

「どこで何が起こっているのか、そして人々が何に時間を費やし、その周辺にはどのようなチャンスがあるか、常に気を配らなければなりません。私たちはユーザーに、他の場所ではなくリンクトインで時間とお金を使うよう求めているわけです。それと同時に、自分たちが何者であるかに軸足を置き、散漫にならないよう配慮してきました」。

 

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2024年6月12日

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。