Ian Griggs
2021年6月01日

「ワクチン偽情報を拡散せよ」 ロシア系PR会社の謀略

ロシアとの関連性が指摘されるPRエージェンシーが、ファイザー社製ワクチンへの信用を貶めるため、独仏の人気インフルエンサーに偽情報を流すよう依頼していたことがわかった。

「ワクチン偽情報を拡散せよ」 ロシア系PR会社の謀略

この会社は「インフルエンサーマーケティングプラットフォーム」を名乗る「フェイズ(Fazze)」。依頼を受けたのはユーチューブ上で100万人超のフォロワーを持つフランスの若手科学解説者レオ・グラッセ氏と、同じく150万人のフォロワーを持つドイツのポドキャスター、ミルコ・ドロシュマン氏。

ドロシュマン氏のツイート。フェイズ社からの依頼には、「ファイザー製のワクチンで多数の死者が出たことを示すデータが漏洩した。この情報を拡散してほしい」などとある


両氏は数千ポンドの報酬の見返りに、「ファイザー製のワクチンの死亡率はアストラゼネカ製の3倍」と訴えるショート動画を制作し、拡散するよう依頼された。

両氏は依頼内容の一部をツイートで公開。その中には、「『主要メディアはファイザー製ワクチンの危険性について一切触れていない。各国政府が国民の安全を顧みずに買い上げるのはおかしい』と主張してほしい」などと記されている。

同じく、グラッセ氏のツイートより。「主要メディアがファイザー製のワクチンの危険性を伝えていないことを、熱意を持って伝えてほしい」などと記されている


また、「動画の中ではこの問題に強い関心を抱いているように振る舞い、自分自身の意見を述べているように見せてほしい」とも。

フェイズ社のホームページを見ると、「ブロガーと広告主をつなぐマーケットプレイス」とあるが、所在地や連絡先は一切記されていない。詳細を把握するには、閲覧者の個人情報を先に登録させる仕組みだ。

ロシアはこのひと月ほど、「ファイザー製のようなmRNAワクチン(病原体を構成するタンパク質の設計図を投与して免疫をつけるタイプ)は、我が国が開発したスプートニクⅤよりも安全性が低い」などという主張を繰り返している。

欧州連合(EU)は、ロシアと中国が欧米製ワクチンへの信頼を損ねるため「国家ぐるみで偽情報キャンペーンを行っている」と非難。

ファイザーのスポークスパーソンはこれらの件に関して直接的な言及は避けたが、以下のようにコメント。「人々の間でワクチンに対する抵抗感が強まり、ソーシャルメディア上で偽情報が増えていることは承知しています」

「我が社はパートナー企業とともに、パンデミックと全力で闘っています。バイオテック社と共同開発したワクチンに関しても、正しい情報が迅速に行き渡るよう努めています。皆様には、様々な情報の発信源とその信頼性を入念に考慮していただくようお願いしたいと思います」

(文:イアン・グリッグス 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
PR Week

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:フォーブスに出稿したはずの広告がMFAに掲載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー・レポートカード2023:電通クリエイティブ

クリエイティブの面では多くの実績を残したが、マネジメントが低迷した電通。グループ統合の道のりは、依然続く。

2024年4月10日

マーケティング調達チームはKPIに不服  WFA調べ

組織で目標設定をする人々は、マーケティングに対する包括的な理解を欠いていることが多い。このことが社内で調達、マーケティング、および他部門との間の分裂を増幅させていると、WFAの調査で明らかになった。

2024年4月09日

AKQA東京オフィスのECDに荒井信洋氏が就任

国内外の広告賞を多数授賞してきたTBWA HAKUHODOの荒井信洋氏が、AKQAに移る。デザイン主導のイノベーションを創出してきたWPP傘下のエージェンシーと、日本の文化との化学反応を起こすことを目指す。