David Blecken
2017年10月03日

米投資ファンド、ADK買収へ WPPからの対抗策の可能性も

米投資ファンドがADKにTOB(株式公開買い付け)を実施することが発表された。

米投資ファンド、ADK買収へ WPPからの対抗策の可能性も

米投資ファンドのベインキャピタルは、アサツーディ・ケイ(ADK)を最大約1517億円(約13.5億米ドル)で買収する。

TOBが成立すれば、広告界3位のADKは上場廃止となる。

ただし、ADK株の24.96%を保有するWPPグループが、今回の買収に何らかの対抗策を講じるのではないかと、フィナンシャルタイムズは報じている。

ADKは、デジタル&データ領域の拡大やグローバル展開など大胆な改革を進めていくにあたり最善の選択であるとの判断から、ベインキャピタルによるTOBを受け入れた。グローバル展開に力を入れてきたADKは2015年、「ADKグローバル」というセクターを立ち上げている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:大胆なアイデアで、気づきから行動へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

異例の五輪 社会貢献に注力したトヨタ

東京五輪の主要スポンサーだったトヨタ自動車にとって、今夏の大会は決して期待通りのものではなかった。だがアクティベイションを「社会善」に転換、消費者から大きな共感を得た。

1 日前

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

1 日前

バーチャルマーケティングの限界にどう対応するか:セールスフォース

データソースの爆発的な増加やバーチャルマーケティングの飽和、そしてパンデミックがもたらした市場の変化が定着する中でマーケターに求められるスキルアップなどについて、セールスフォースのAPACマーケティング担当シニアディレクターが語る。