David Blecken
2017年10月03日

米投資ファンド、ADK買収へ WPPからの対抗策の可能性も

米投資ファンドがADKにTOB(株式公開買い付け)を実施することが発表された。

米投資ファンド、ADK買収へ WPPからの対抗策の可能性も

米投資ファンドのベインキャピタルは、アサツーディ・ケイ(ADK)を最大約1517億円(約13.5億米ドル)で買収する。

TOBが成立すれば、広告界3位のADKは上場廃止となる。

ただし、ADK株の24.96%を保有するWPPグループが、今回の買収に何らかの対抗策を講じるのではないかと、フィナンシャルタイムズは報じている。

ADKは、デジタル&データ領域の拡大やグローバル展開など大胆な改革を進めていくにあたり最善の選択であるとの判断から、ベインキャピタルによるTOBを受け入れた。グローバル展開に力を入れてきたADKは2015年、「ADKグローバル」というセクターを立ち上げている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

6 時間前

電通、クリエイティブの新指針「ブレイブ・ニューノーマル」

2月22日から25日にかけて開催されたバーチャルイベント「スパイクスアジア × Campaign」。電通マクギャリーボウエンのグローバルプレジデントを務めるマーリー・ハイミー氏は、ニューノーマル時代のクリエイティブで鍵となる5つの要素を挙げた。

10 時間前

エージェンシー・レポートカード2020:アジア主要エージェンシーの査定

年に1度、アジア太平洋地域(APAC)の主要エージェンシーを総合的に評価するCampaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード」。18回目となる今年はどのような結果が出たのだろうか。

10 時間前

エージェンシー・レポートカード2020:博報堂

博報堂は売上減など深刻な課題に直面しているが、働き方改革を進め、コミュニティー、サステナビリティー、イノベーションへの投資を強化している。

10 時間前

エージェンシー・レポートカード2020:電通

電通のスケールの大きさと企業能力は、アジア太平洋地域(APAC)で依然強い存在感を放つ。しかし、「シームレス化」という課題はまだ志半ばだ。