David Blecken
2017年10月03日

米投資ファンド、ADK買収へ WPPからの対抗策の可能性も

米投資ファンドがADKにTOB(株式公開買い付け)を実施することが発表された。

米投資ファンド、ADK買収へ WPPからの対抗策の可能性も

米投資ファンドのベインキャピタルは、アサツーディ・ケイ(ADK)を最大約1517億円(約13.5億米ドル)で買収する。

TOBが成立すれば、広告界3位のADKは上場廃止となる。

ただし、ADK株の24.96%を保有するWPPグループが、今回の買収に何らかの対抗策を講じるのではないかと、フィナンシャルタイムズは報じている。

ADKは、デジタル&データ領域の拡大やグローバル展開など大胆な改革を進めていくにあたり最善の選択であるとの判断から、ベインキャピタルによるTOBを受け入れた。グローバル展開に力を入れてきたADKは2015年、「ADKグローバル」というセクターを立ち上げている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2022年1月21日

世界マーケティング短信:ブランドのパーパスと利益

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年1月20日

Z世代とつながる鍵は、インクルージョンと文化的アイデンティティ

所得格差の拡大を懸念するZ世代は、ラグジュアリーブランドが表わすイメージへの期待を、高級感や憧れから、本物であることや入手のしやすさへと変化させている。M&Cサーチパフォーマンスの戦略およびカスタマーインサイト担当責任者は、そう指摘する。

2022年1月20日

これからの企業PRのあり方とは?

ビジネスや社会環境における分断がますます進行するなか、コミュニケーション責任者やビジネスリーダーは2022年、何を優先すればよいだろうか? APAC(アジア太平洋地域)の業界関係者に話を聞いた。

2022年1月20日

「人材の流動化」を生かす:へガーティ卿

昨年、フリーランスの人材とエージェンシーとをマッチングさせる会社「ジーニー(Genie)」を立ち上げたジョン・へガーティ卿。「ダイバーシティーの実現こそ未来を築く」と説く。