David Blecken
2019年1月23日

電通とアモビーが協業

オンライン消費者行動からより深いインサイトを −− 両社が狙う層は「サイレントマジョリティー」だ。

写真:Shutterstock
写真:Shutterstock

電通はシンガポールに拠点を置くマーケティングテクノロジーのサービスプロバイダー、アモビー(Amobee)との提携に踏み切った。日本市場に関するより価値の高い消費者データとインサイトの提供を目指していく。

シンガポールテレコム(Singtel)の子会社であるアモビーは声明で、「電通の国内クライアントに向けてアナリティクスと広告ソリューションを共同開発していく」と発表。電通は国内クライアントを公表していないが、トヨタやソフトバンク、ソニーといった日本の主要企業との取引が知られる。

今後の協業では、アモビーの「ブランド・インテリジェンス」を活用。これは外的要因が消費者行動・心理にどのような影響を及ぼすか、総合的に把握するためのツールだ。マーケターは通常、このブランド・インテリジェンスを用いてプログラマティックによるメディアキャンペーンの最適化を図る。アモビーが事業展開するのはアジア太平洋地域に加え、北米・欧州・中東。

ブランド・インテリジェンスは、ソーシャルチャネルで意見を発することの少ない「サイレントマジョリティー」のブラウジング行動の分析が可能とされる。アモビーによれば、「通常の社会調査よりも奥行きのある、正確な結果を導き出すことができる」。

電通の丸山博之シニア・コミュニケーション・プランニング・ディレクターは声明の中で、このツールの活用でクライアントは「よりスムーズなマーケティング戦略立案が可能となる」とコメント。アモビーの城石將恒・日本法人社長執行役員も、「消費者のブランド体験をより質の高いものにできる」と述べる。

日本におけるデジタルメディア、及びプログラマティックメディアへの投資は他の主要市場に比べまだ少ないが、右肩上がりの状況だ。電通の国内売上総利益に占めるデジタル事業の割合は、現在約20%。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

20 時間前

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月22日

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。