David Blecken
2016年11月17日

電通の業績は海外堅調、国内は低成長

電通が、2016年度第3四半期(7-9月期)の連結決算を発表した。売上総利益のオーガニック成長率は、2.7%となった。

電通代表取締役社長執行役員、石井直氏
電通代表取締役社長執行役員、石井直氏

海外事業である電通イージス・ネットワークのこの四半期のオーガニック成長率は、全体で5.2%、アジア太平洋地域では5.3%。それぞれ前年同期の6.6%、9.3%から下げている。

国内事業の伸びは0.3%で、こちらも前年同期の1.4%から下げた。2016年期初からの9ヶ月累計では、国内事業と海外事業を合わせたグループ全体の売上総利益のオーガニック成長率は5.7%増となった。

同社では、2020年東京五輪・パラリンピック大会のスポンサーシップの国内セールスなどが貢献したとしている。

電通は期初からの9ヶ月間で、米国の独立系最大級のデータマーケティング会社「マークル・グループ」を含め27社の買収及び投資を行っている。売上総利益の中でデジタル分野が占める割合は35.5%で、その内訳は国内事業が19.7%、海外事業が50.5%。電通イージス・ネットワークは、2020年までに100%デジタルに移行することを目指している。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

20 時間前

ミツカン、「日本人の長寿」でOSUをアピール

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)ブランド「OSU」を英国で展開するミツカン。ソーシャルメディア用の新たなキャンペーンに、日本人の超高齢者を起用した。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

4 日前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。