David Blecken
2016年11月17日

電通の業績は海外堅調、国内は低成長

電通が、2016年度第3四半期(7-9月期)の連結決算を発表した。売上総利益のオーガニック成長率は、2.7%となった。

電通代表取締役社長執行役員、石井直氏
電通代表取締役社長執行役員、石井直氏

海外事業である電通イージス・ネットワークのこの四半期のオーガニック成長率は、全体で5.2%、アジア太平洋地域では5.3%。それぞれ前年同期の6.6%、9.3%から下げている。

国内事業の伸びは0.3%で、こちらも前年同期の1.4%から下げた。2016年期初からの9ヶ月累計では、国内事業と海外事業を合わせたグループ全体の売上総利益のオーガニック成長率は5.7%増となった。

同社では、2020年東京五輪・パラリンピック大会のスポンサーシップの国内セールスなどが貢献したとしている。

電通は期初からの9ヶ月間で、米国の独立系最大級のデータマーケティング会社「マークル・グループ」を含め27社の買収及び投資を行っている。売上総利益の中でデジタル分野が占める割合は35.5%で、その内訳は国内事業が19.7%、海外事業が50.5%。電通イージス・ネットワークは、2020年までに100%デジタルに移行することを目指している。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

2 日前

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

2 日前

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。