Matthew Miller
2018年11月16日

電通、国内外で収益増

だが、調整後営業利益は減少。その要因に労働改革と海外での基盤整備への投資を挙げる。

電通、国内外で収益増

電通グループが2018年1〜9月期の連結決算を発表、収益は増加したが、調整後営業利益は減少した。また、電通イージス・ネットワーク(DAN)のCEOをティム・アンドレー氏がジェリー・ブルマン氏から引き継ぐことも発表した。

具体的に見ると、前年同期比で売上総利益は8%増(為替影響排除ベース)、オーガニック成長は4.4%。国内では4.1%増で、その要因にデジタル関連サービスや子会社の増収、受注案件の増加を挙げている。その一方、DAN(海外)の売上総利益は10.8%増(為替影響排除ベース)で、オーガニック成長率は4.6%だった。

国内の売上総利益は2727億円で、DANは3960億円。

それにひきかえ、調整後営業利益は前年同期比で4.0%減(為替影響排除ベース)。国内で1.4%減、海外で10.5%減だった。国内の減少の要因は計画的な労働環境改革費用、海外は世界規模での企業基盤整備への投資としている。

調整後営業利益は国内が615億円、DANが280億円。

これは8月に公表した修正通期連結業績予想に「ほぼ沿った進捗」としている。この中で連結最終利益を795億円、売上総利益を9550億円と予想。対前年比で連結最終利益は24.6%減、売上総利益は8.8%増となる。

山本敏博・電通CEOはプレスリリースの中で、電通グループは「2018年度第3四半期、(第2四半期と比較して)5.4%のオーガニック成長率を達成した」とコメント。「DANのオーガニック成長率は5四半期連続の改善で7.0%、国内は2.7%でした」。DANの成長は力強く、「第3四半期では9月が最も伸びを示した」とも。

更に、「我々のトップ20市場のうち8市場で2桁のオーガニック成長率を達成し、幅広く堅調な成長を遂げている」とも語っている。

(文:文:マシュー・ミラー 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。