David Blecken
2018年12月17日

VISA、日本のマーケティングトップが辞職

2020年五輪にまつわる大規模な広告キャンペーンが、今年始まったばかりだ。

VISA、日本のマーケティングトップが辞職

VISA(ビザ)で日本のマーケティングのトップを務めた柏木孝文氏が、入社から1年余りで辞職した。

柏木氏が新たな可能性を求めて辞職したことを、同社スポークスパーソンは認めたが、詳細や転職先については明らかにしなかった。

金融サービス企業としてだけでなく、テクノロジー企業としての地位を確立したいという同社の願望は、柏木氏の退職で挫かれたようだ。同氏はビザに移る前は、グーグルで日用消費財の分野を担当。昨年のインタビューで同氏は、ブランドイメージを革新的なものへと刷新する任務に大きな魅力を感じたと語っていた。

ビザは2020年東京五輪のワールドワイドパートナーで、キャッシュレス決済への移行が遅れている日本でキャッシュレス化を牽引したいと考えている。日本では日々の支払いの大部分でキャッシュが好まれてきた。だが、eコマース(電子商取引)の成長率や、顧客特典の認知度の高さなどから、人々の間でカード決済が浸透しつつあることが伺える。

今年4月には、五輪スポンサーシップに関連した広告キャンペーンを展開。「New Normal」というキャッチフレーズで、瀬戸大也(競泳選手)のように多忙な日々を送る人々にとって、カード決済がいかにフィットするかを訴求するテレビCMを放送した。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2021年7月30日

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

2021年7月30日

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月30日

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

2021年7月30日

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。