Staff Reporters
2020年7月09日

Women Leading Changeアワード、受賞者発表

広告界に変革をもたらすアジア太平洋地域の女性たちが選ばれた。

Women Leading Changeアワード、受賞者発表

アジア太平洋地域のメディア、広告、マーケティング業界で働く女性の中から、変革を担うリーダーや期待の若手を選出する「Women Leading Change」。今年で第4回目となる同アワードの受賞者が、7月7日に発表された。

今年は授賞式が開催されないが、受賞者のこれまでの業績などについては後日Campaign Asia-Pacificにて紹介していく。

日本からの受賞者は、以下の通り。

【クリエイティブキャプテン部門 受賞】

飯田訓子氏(ワンダーマン・トンプソン・トウキョウ)

【メンター・オブ・ザ・イヤー部門 入賞】

今尾麻輝子氏(ワンダーマン・トンプソン・トウキョウ)

その他の受賞者はこちらから。また、一次審査通過者リストはこちらから。

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

4 日前

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。