David Blecken
2016年10月03日

UltraSuperNewのシンガポールオフィス開設パーティー

ウルトラスーパーニュー(USN)は9月21日、シンガポールのアラブストリートにオフィスを開設した。

USNは原宿(東京都)を拠点とする独立系クリエイティブエージェンシーで、シンガポールへの進出を5月に発表。国外初となる拠点が開設されたのは、店舗と住居が一体になった「ショップハウス」と呼ばれる建物の中だ。原宿オフィスと同様、新進気鋭のアーティストの作品の展示スペースが設けられ、現在は現地のイラストレーター「Tell Your Children」の作品が展示されている。

オープニングパーティーは「シンガポールと原宿の出合い」がテーマで、ギリシャのストリートフォトグラファー、パナギオティス・コツィーダス氏が撮影した。

(編集:田崎亮子)
 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

音声広告はなぜAPACで伸びないのか?

デジタルオーディオ広告は、マルチチャネルキャンペーンにおいて他のプログラマティック広告を補完し、ブランドにエンゲージしたオーディエンスをもたらすことができる。それなのになぜ、APACでは需要が高まらず、ブランドは乗り遅れているのだろうか?

4 日前

インスタリール、YouTubeショート、TikTok:どう予算配分する?

インスタグラム「リール」やユーチューブ「ショート」が収益化で後れをとるなか、Campaign USは、各動画プラットフォームへの広告予算に影響を与える要因(パフォーマンス、オーディエンス、成熟度、信頼性など)について、掘り下げて考察した。

4 日前

クリエイティブは、朝9時に出社すべきか?

素晴らしいアイデアは、決して就業時間に出るとは限らない。夜遅くまで働くのは広告業界の慣例だ。では、クリエイティブは成果物だけで評価されるべきなのか。皆と同様、朝9時に出社する必要はないのか。

4 日前

世界マーケティング短信:厳しい視線にさらされるW杯カタール大会

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。