Robert Sawatzky
2022年6月24日

ゲレティ・アワード 日本審査員が語る広告界の今

女性の視点を反映した世界的規模の広告賞「ゲレティ・アワード 」。日本で審査員を務めた面々が、業界におけるジェンダー平等、女性がより共感できるストーリーの必要性などを語り合った。

カンヌライオンズに先立ち、ゲレティ・アワードの最終候補リストが発表された。今年のエントリーは37か国、314作品。世界各地から選ばれた審査員は女性のみで、女性の視点から優れたクリエイティブワークを選ぶ。最終候補のアジア太平洋地域の作品は35本に上り、賞の発表は9月に行われる。

Campaign Asia-Pacificは日本から参加した4人の審査員にインタビュー。今回の体験についてそれぞれの思いを聞いた。話を伺ったのは以下の方々:

●  望月亜美(東北新社、インターナショナル・ユニット プロデューサー / ユニットリーダー)
●  木下舞耶(電通、PRプランナー / コピーライター)
●  田辺裕美子(Syn 、COO / 制作統括)
●  ミワザ・ジェマイマ(フリーランスクリエイター)

インタビュー動画(使用言語は英語)の中で語られるのは、今回の審査員としての体験や印象に残った作品、欧米と日本のクリエイティブワークの違い、ブランドの独自性、さらには女性がより共感できるストーリーの必要性といったテーマだ。

(文:ロバート・サワツキー 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:AI活用や外注削減でピュブリシスが好調

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

2024年に、ピッチ後の音信不通はあり得ない

ジェームス・スワン氏はピッチへの結果を待つ間、自分たちのエージェンシーがブリーフに対応するために12,000米ドル以上のリソースを投じていることを知った。 (「ピープル・ファーストのビジネス」を自称していながら)エージェンシーに結果を知らせることを怠っているブランドのために、である。

2 日前

「ゲームに参入すべきか」の問いに答える、ディズニーのエピック投資

ブランドは「どのようにゲーム市場に参入するか?」を検討すべきだと、ゲームの広告主は考えている。

2 日前

独立系エージェンシー 日本市場のサバイバル

大手広告エージェンシーによる寡占状態が続く日本の広告市場。そんななか、小さいながら存在感を発揮する独立系エージェンシーが増えている。彼らはどのように成功を手繰り寄せているのか。