Campaign staff
2018年6月05日

事故から28年、なお語り継がれるメルセデス・ベンツの伝説

メルセデス・ベンツは1990年、崖から100メートルも落下しながら生還した運転者の体験談をCMにした。そして今、この運転者がCMに再登場し、自動運転車を体験した。

BBDO南アフリカが制作したこの最新CMは、2つの点で戦略的に優れている。まず1つ目は、非常に高く評価された1990年のCMと同様にクリストファー・ホワイト氏を起用し、語ってもらったこと。同氏はメルセデス・ベンツを運転中に崖から100メートル落下しながらも生き残ったことで、同国では有名だ。

2つ目は、優れた品質の代名詞として語り継がれてきた事故と、最近の取り組みとをうまく結び付けていること。今回のCMではホワイト氏が同社の自動運転車に乗り、事故現場付近を走行。急カーブが連続する道を、スムーズに走り抜けた。

こちらが、1990年に公開されたCMである。

(翻訳・編集:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

Premium
世界マーケティング短信:ヴァイス、アジアの広告ビジネスを拡大
Premium
15 時間前

世界マーケティング短信:ヴァイス、アジアの広告ビジネスを拡大

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

Premium
テレビCM、オンライン化への「長き道のり」
Premium
15 時間前

テレビCM、オンライン化への「長き道のり」

先進国市場で最後まで「マニュアル」を貫いていた日本。なぜ、変革に時間がかかったのか。

Premium
ラグビーが頭脳戦であると訴求する三菱地所
Premium
1 日前

ラグビーが頭脳戦であると訴求する三菱地所

「ラグビー選手は“筋肉バカ”」という不名誉なイメージを覆そうと、三菱地所が電通とタッグを組む。

Premium
グローバル音楽エージェンシーから学ぶ、世界レベルのネットワーキング力
Premium
1 日前

グローバル音楽エージェンシーから学ぶ、世界レベルのネットワーキング力

今月末にはシンガポールでSpikes Asiaが開催されるなど、国際的な広告イベントは2018年後半も続く。このような多国籍な場でのビジネスパーティーは日本人にはなじみが薄いものだが、どのように振る舞ってネットワーキングに活用すればよいのか。カンヌ恒例の社交イベントの主催者に聞いた。