David Blecken
2017年8月17日

若者に安全運転を促す、トヨタの知恵

恥ずかしさは、強いモチベーションとなり得る。

トヨタとサーチ&サーチは欧州市場に向けて、運転しながらのスマートフォン操作を防ぐアプリを発表した。



「Safe & Sound」は、10代の子どもが車を運転して出掛けることを心配する親たちにとって、安全装置のようなアプリだ。運転中に着信した電話やSNS通知はブロックするが、Spotifyでの音楽ストリーミングサービスは利用可能。しかし制限速度を超過すると、音楽は親が選んだプレイリストに切り替わってしまう仕掛けになっており、デート中などは恥ずかしい思いをしてしまう。スマートフォンを操作しようとすると事態はさらに悪化するので、好きな音楽を聴くためには速度制限を守らなくてはならないというわけだ。

Campaignの視点:
気の利いたアイデアで、楽しいプロモーション動画に仕上がっているばかりか、トヨタは運転者やその家族の幸福を真剣に追求するブランドだと印象付けている。このアプリが事故削減において本当に効果的なのかは未知数だが、事故を誘発するとして危険視されるスマートフォンを、事故抑制にも活用できるというコンセプトを打ち出している。

一方で、歩行者が車道を渡りながらスマートフォンを操作し、交通事故に遭うことをいかに防ぐかについては、いまだに大きな懸案だ。また、運転中のスマートフォン操作で注意力が散漫になるのは若者だけの問題でなく、危険性について熟知しているはずの大人たちについても、策を講じる必要がある。今回のアプリのような取り組みが、今後もトヨタや他の自動車メーカーから出てくることを期待したい。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
「就職活動をもっと自由に」 就活生を勇気付けるパンテーンの広告
Premium
8 時間前

「就職活動をもっと自由に」 就活生を勇気付けるパンテーンの広告

企業面接には、周りと同じような髪型で臨まなくてはならない――このように信じられてきた就職活動に、シャンプーブランドが一石を投じる。

Premium
広告界の日常をありのままに、そして可笑しく描くCM
Premium
1 日前

広告界の日常をありのままに、そして可笑しく描くCM

豪州のエージェンシーによるCMが、広告制作のキャリアにおける「トラウマ」を明らかにした。

Premium
インスタグラムを活用、タグ・ホイヤーのJリーグチケットキャンペーン
Premium
2 日前

インスタグラムを活用、タグ・ホイヤーのJリーグチケットキャンペーン

スイス高級時計メーカーの新たなキャンペーンは、単純明快で楽しさ溢れるものだ。

Premium
「築地ブランド」の未来
Premium
2018年10月12日

「築地ブランド」の未来

都内有数の「文化資産」である築地市場が豊洲へと移転した。都はそのブランド力の維持に努めるというが、明確な戦略は見えない。