David Blecken
2019年3月12日

カイトウィール、スーパードライブと提携しアジアへ進出

アジア太平洋地域でコンシューマージャーニー統合サービスを提供すべく、2社が提携する。

(左より)サム・カッセルズ、マーク・スミスの2氏
(左より)サム・カッセルズ、マーク・スミスの2氏

コンシューマージャーニーに特化した米企業「カイトウィール(Kitewheel)」が、アジア太平洋市場への進出を視野に、データマーケティング会社「スーパードライブ(Superdrive)」と提携した。

スーパードライブは、カイトウィールのアジア太平洋市場における初の実装認定企業であり、セールスパートナー。スーパードライブの創業者兼CEOであるサム・カッセルズ氏によると、この提携によって「リアルタイムデータと消費者心理に容易にアクセスでき」、よりパーソナライズされた、コンテクストに基づくマーケティングが可能になるという。

カッセルズ氏によると、提携は財務的なものではない。ある日本の日用品メーカーがグローバルに展開する商品のプロジェクトで、両社は数年にわたって協働し、その成功が今回の提携につながったという。

パートナーシップの恩恵を享受するクライアントについて、カッセルズ氏は具体名は明かさなかったが「生活者に素晴らしい顧客体験を提供しようと奮闘する、あらゆる大手企業に」影響を及ぼすだろうとコメント。また、カイトウィールの顧客には金融サービス業、小売業、旅行業などがあるという。

なぜカイトウィールは今、日本への進出を考えているのか。同社のマーク・スミス社長によると、欧米以外の市場に拡大しようと考え、そのためのサポートをしてくれるパートナーネットワークを探したという。

「生活者とのエンゲージメント構築を改善したいと考えるあらゆる組織に、我々のソリューションは適用できます」とスミス氏。「しかし、今それに該当するのは成熟した大手ブランドであることが分かりました」

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

16 時間前

ミレニアル世代と祖父母をつなぐ、「マゴ写レター」

「普段なかなか会えないおじいちゃんやおばあちゃんに、スマホから写真付き往復はがきを送ろう」 −− 日本郵便が、敬老の日に因んだ新しいコミュニケーションサービスを開始した。

1 日前

LGBTQIA+が見た日本社会

海外から日本に赴任したLGBTQIA+の人々は、日々どのような体験をし、どのような思いを抱いているのか。あるテクノロジー企業で働く米国人エグゼクティブが、カミングアウトの経験や文化・宗教的相違点などを語る。

2020年9月18日

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。