Ryoko Tasaki
2018年6月29日

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

ソフトバンクのテレビCMでおなじみの初代「お父さん犬」カイくんが28日、老衰のため16歳で死去した。

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

2007年から10年間にわたり展開されてきた「白戸家」シリーズは、お父さんが白い犬(カイくん、声は北大路欣也)、お母さん役は樋口可南子、娘役は上戸彩、お兄ちゃん役はダンテ・カーヴァーと“予想外”な家族構成が話題に。新作品が放送されるたびに明らかになる家族の歴史や、その時々に話題となっている人物やイベントを取り上げたことからも注目を集めた。

同社は追悼サイトを設けて発表した。現在はカイくんの息子2匹が「お父さん」役として出演している。

Campaignでは哀悼の意を表し、カイくんが登場するCMを何点か選んでご紹介する。

まずは白戸家が初登場した「予想外の家族」篇。


かつてソルボンヌ大学に留学していたらしく、流暢なフランス語を披露した。

職業は教師。ちなみに妻は校長。


同窓会に出席して、切なくなるお父さん。


サントリーBOSSの「宇宙人」とコラボレートしたCMシリーズも制作された。


さまざまなノベルティーも作られた。




なお、10年分の歴史は映画化され、昨年12月に公開された。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

20 時間前

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月22日

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。