Ryoko Tasaki
2018年6月29日

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

ソフトバンクのテレビCMでおなじみの初代「お父さん犬」カイくんが28日、老衰のため16歳で死去した。

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

2007年から10年間にわたり展開されてきた「白戸家」シリーズは、お父さんが白い犬(カイくん、声は北大路欣也)、お母さん役は樋口可南子、娘役は上戸彩、お兄ちゃん役はダンテ・カーヴァーと“予想外”な家族構成が話題に。新作品が放送されるたびに明らかになる家族の歴史や、その時々に話題となっている人物やイベントを取り上げたことからも注目を集めた。

同社は追悼サイトを設けて発表した。現在はカイくんの息子2匹が「お父さん」役として出演している。

Campaignでは哀悼の意を表し、カイくんが登場するCMを何点か選んでご紹介する。

まずは白戸家が初登場した「予想外の家族」篇。


かつてソルボンヌ大学に留学していたらしく、流暢なフランス語を披露した。

職業は教師。ちなみに妻は校長。


同窓会に出席して、切なくなるお父さん。


サントリーBOSSの「宇宙人」とコラボレートしたCMシリーズも制作された。


さまざまなノベルティーも作られた。




なお、10年分の歴史は映画化され、昨年12月に公開された。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2021年4月09日

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

2021年4月09日

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

2021年4月09日

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年4月09日

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。