Ryoko Tasaki
2018年6月29日

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

ソフトバンクのテレビCMでおなじみの初代「お父さん犬」カイくんが28日、老衰のため16歳で死去した。

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

2007年から10年間にわたり展開されてきた「白戸家」シリーズは、お父さんが白い犬(カイくん、声は北大路欣也)、お母さん役は樋口可南子、娘役は上戸彩、お兄ちゃん役はダンテ・カーヴァーと“予想外”な家族構成が話題に。新作品が放送されるたびに明らかになる家族の歴史や、その時々に話題となっている人物やイベントを取り上げたことからも注目を集めた。

同社は追悼サイトを設けて発表した。現在はカイくんの息子2匹が「お父さん」役として出演している。

Campaignでは哀悼の意を表し、カイくんが登場するCMを何点か選んでご紹介する。

まずは白戸家が初登場した「予想外の家族」篇。


かつてソルボンヌ大学に留学していたらしく、流暢なフランス語を披露した。

職業は教師。ちなみに妻は校長。


同窓会に出席して、切なくなるお父さん。


サントリーBOSSの「宇宙人」とコラボレートしたCMシリーズも制作された。


さまざまなノベルティーも作られた。




なお、10年分の歴史は映画化され、昨年12月に公開された。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:激しさを増す駆け引き

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

ミレニアル世代と祖父母をつなぐ、「マゴ写レター」

「普段なかなか会えないおじいちゃんやおばあちゃんに、スマホから写真付き往復はがきを送ろう」 −− 日本郵便が、敬老の日に因んだ新しいコミュニケーションサービスを開始した。

4 日前

LGBTQIA+が見た日本社会

海外から日本に赴任したLGBTQIA+の人々は、日々どのような体験をし、どのような思いを抱いているのか。あるテクノロジー企業で働く米国人エグゼクティブが、カミングアウトの経験や文化・宗教的相違点などを語る。

2020年9月18日

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。