David Blecken
2018年9月11日

ハバス・ジャパンに新MD

仏メディア・娯楽大手ヴィヴェンディとの関係強化を見据え、ハバスが新たなリーダーを選んだ。

三石バンデラス竜二氏。
三石バンデラス竜二氏。

ハバス・ジャパンは、グーグルに勤務していた三石バンデラス竜二氏をマネージングディレクターに任命した。

7年半にわたってハバス・ジャパンCEOを務めていたスティーヴン・コックス氏は、北アジア地域担当バイスチェアマン及びチーフインテグレーションオフィサーに昇格する。

バンデラス氏は2014年、ビーコンコミュニケーションズからグーグルに転職。最近までクリエイティブ部門の責任者を務めていた。ハバスでどの分野に注力していくかとの問いには、「まだ正式に就任していない」ことを理由に回答を避けた。新体制は来週から発足する。

同氏は、「グーグルの持つクリエティビティーの文化をハバスに導入したい」と語る。「ハバスは比較的小さい組織なので、実験的アプローチが可能です」。

ハバスに魅力を感じた理由の1つとして、ユニバーサルミュージックなどのメディア・エンターテインメント企業を所有するヴィヴェンディグループに買収されたことを挙げる。「両社が協働することで、エージェンシーに新たな可能性が開ける」。

スティーヴン・コックス氏

コックス氏は、日本・韓国市場でヴィヴェンディとハバスの事業の統合に専念する。また、「日本のイノベーションを他市場に展開するチャンス」とも。ヴィヴェンディの特徴を生かし、「広告に対する考え方を『メッセージの配信』から『エンターテインメントの手法』へと変えていきます」。

「広告とは消費者にリーチし、創造的刺激を与えること。日本には、ケーススタディとなる新たな分野を築く条件が揃っている」とコックス氏。

ハバスの日本におけるクライアントは、エールフランスや仏酒造大手ペルノ・リカール、プジョーやシトロエンを傘下に収めるグループPSAなど。日本企業との長期契約は今のところないが、アジア太平洋市場拡大担当役員で北アジア担当チェアマン及びCEOのレベント・グエネス氏は「国際的ブランドかどうかではなく、地域に根付いたブランドに注力していく」と語る。

ハバスも他の外資系エージェンシー同様、日本での存在感は小さい(社員は42名)。それでも日本には、「その経済規模に見合う多くのビジネスチャンスがある」とグエネス氏。ヴィヴェンディとの協働で新たなブランドとの接点も増え、「以前は我々に興味を持たなかったブランドが関心を持ってくれるようになりました」。

新体制が日本のハバス・メディアや韓国・ハバスの日常業務に影響を及ぼすことはないという。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:岡田藤郎 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
世界マーケティング短信:ヴァイス、アジアの広告ビジネスを拡大
Premium
15 時間前

世界マーケティング短信:ヴァイス、アジアの広告ビジネスを拡大

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

Premium
テレビCM、オンライン化への「長き道のり」
Premium
15 時間前

テレビCM、オンライン化への「長き道のり」

先進国市場で最後まで「マニュアル」を貫いていた日本。なぜ、変革に時間がかかったのか。

Premium
ラグビーが頭脳戦であると訴求する三菱地所
Premium
1 日前

ラグビーが頭脳戦であると訴求する三菱地所

「ラグビー選手は“筋肉バカ”」という不名誉なイメージを覆そうと、三菱地所が電通とタッグを組む。

Premium
グローバル音楽エージェンシーから学ぶ、世界レベルのネットワーキング力
Premium
1 日前

グローバル音楽エージェンシーから学ぶ、世界レベルのネットワーキング力

今月末にはシンガポールでSpikes Asiaが開催されるなど、国際的な広告イベントは2018年後半も続く。このような多国籍な場でのビジネスパーティーは日本人にはなじみが薄いものだが、どのように振る舞ってネットワーキングに活用すればよいのか。カンヌ恒例の社交イベントの主催者に聞いた。