Ryoko Tasaki
2017年2月13日

ファーストリテイリング、学生インターンを長期間受け入れへ

クリエイティブなアイデアを一緒に生み出していくインターンを、グローバルで幅広く募集する。

ファーストリテイリング、学生インターンを長期間受け入れへ

ファーストリテイリングは今年4月から、日本や中国、米国など16カ国・地域で、学生の長期インターンを受け入れると発表した。インターンはそれぞれの希望に基づき、マーケティング、広報、R&D、IT、サプライチェーンなど幅広い部署に配属され、ビジネスの現場での課題に挑戦する。

プレスリリースによると「世界ナンバーワンのアパレル企業になるために必要な、クリエイティブで革新的なアイデアを、インターンと一緒に生み出していきたい」と考えており、受け入れ規模は日本で8名、グローバルで100名を超える予定。1~3カ月に及ぶ長期間インターンを世界各国・地域で受け入れるのは、同社にとって今回が初めてとなる。

先行して募集が始まる日本における第1弾の募集期間は2月10~28日まで。経営計画(2名)、カスタマークリエーション(1名)、人事(5名)で合計8名を募集する。応募資格は日本国内の4年生大学や大学院、短大、専門学校の学生であることだが、既卒の場合も卒業から3年以内であれば応募が可能だ。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

グループエム、世界の広告費予測を下方修正

グループエム(GroupM)によると、実体経済と広告費の乖離が拡大しており、2022年の広告費見通しは「予想されているほど悪くない」という

1 日前

Z世代がブランドに求める3つのこと

Z世代の関心を惹きたいブランドに、当のZ世代は何を期待しているのか。デブリーズ・グローバル(DeVries Global)のシンガポール支社でコンサルタントを務めるゴードン・チュア氏が、Z世代の視点について語った。

1 日前

ゲレティ・アワード 日本審査員が語る広告界の今

女性の視点を反映した世界的規模の広告賞「ゲレティ・アワード 」。日本で審査員を務めた面々が、業界におけるジェンダー平等、女性がより共感できるストーリーの必要性などを語り合った。

1 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、3年ぶりに現地開催

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。