David Blecken
2018年4月23日

フィンズベリー日本共同社長が退社

新たな人事は、間もなく発表される予定だ。

アストン・ブリッジマン氏
アストン・ブリッジマン氏

フィンズベリー日本事務所で成増恭多氏とともに共同社長を務めていたアストン・ブリッジマン氏が、退職した。

WPP傘下の戦略コミュニケーションエージェンシーである同社は、2016年11月に日本でスタート。ブリッジマン氏は翌年1月に加わった。同氏がエージェンシーに勤務したのはこの時が初めてで、日本のドイツ銀行ではコミュニケーションの責任者を12年間務めた。

日本のバークレイズで広報部長を務めた成増氏は、現在香港とニューヨークからのサポートを得て事務所を運営。「新たなスタッフが間もなくチームに加わりますが、肩書きはまだ未定です」。

フィンズベリーの日本における重要クライアントは、トヨタ自動車。ソフトバンクや総理府とも協働する。

ニューヨークを拠点とするフィンズベリーは東京のほかに香港、シンガポール、北京に事務所を構える。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

1 日前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。

1 日前

2021年のブランド体験を牽引する5つのトレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる暗い影響が続くなか、Campaignは英国の実績豊富なトップエージェンシー数社への取材を基に、2021年のブランドイベントがどのようなものになるのかを予測した。