David Blecken
2018年4月23日

フィンズベリー日本共同社長が退社

新たな人事は、間もなく発表される予定だ。

アストン・ブリッジマン氏
アストン・ブリッジマン氏

フィンズベリー日本事務所で成増恭多氏とともに共同社長を務めていたアストン・ブリッジマン氏が、退職した。

WPP傘下の戦略コミュニケーションエージェンシーである同社は、2016年11月に日本でスタート。ブリッジマン氏は翌年1月に加わった。同氏がエージェンシーに勤務したのはこの時が初めてで、日本のドイツ銀行ではコミュニケーションの責任者を12年間務めた。

日本のバークレイズで広報部長を務めた成増氏は、現在香港とニューヨークからのサポートを得て事務所を運営。「新たなスタッフが間もなくチームに加わりますが、肩書きはまだ未定です」。

フィンズベリーの日本における重要クライアントは、トヨタ自動車。ソフトバンクや総理府とも協働する。

ニューヨークを拠点とするフィンズベリーは東京のほかに香港、シンガポール、北京に事務所を構える。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。