Sabrina Sanchez
2021年3月11日

「ブランドパーパス」に意味はあるのか

ブリティ(Vrity)の最新の調査は、ブランドの社会問題に取り組む姿勢が、消費者の購買意欲を高めることを明らかにした。

「ブランドパーパス」に意味はあるのか

ブランドが「ブランドパーパス」についてどれほど語ろうと、セールス面から見れば空論ではないかと考える人がいるかもしれない。

だが実際には、ブランドとしての立場を明確にすることはビジネスの拡大につながっている。

そう結論付けたのは、設立まもないブランド測定企業のブリティ(Vrity)だ。同社は3月1日、ブランドの価値観を伝えるメッセージが購買傾向に与える影響を測定するプラットフォーム「Values Return Index」を発表した。

ブリティはまた、消費者1,000人を対象とした、ソーシャルメディアにおける消費者心理の調査を実施し、人工知能(AI)を使って分析した結果を発表した。それによると、消費者がブランドを比較して選択する際に、ブランド価値が決定要因になりつつあるという。

具体的には、調査参加者の82%が、自身にとって重要な社会的大義を支持するブランドを選ぶためならプレミアム価格を払うことを厭わないと回答した。また、調査参加者の43%が、そのブランドを支援するためなら他のブランドの2倍の金額を払っても構わないと述べている。

「ブランドを差別化したいなら、ブランドが支持している価値観を明確にすることだ」と、ブリティの共同設立者、ジェシー・ウォルファースバーガー(Jesse Wolfersberger)氏は述べている。「我々の調査から、(2020年に)本当の転換点が訪れたことがわかっている。人々が『私は自分のお金を使ってこのブランドを支持する。それは今まで以上に大切なことだ』と言うようになったのだ」

また、調査参加者の半数以上(55%)が、1年前よりもブランド価値により関心を持つようになったと述べ、37%の人が社会問題に声を上げないブランドの商品は購入しないと回答している。

さらにブリティは、スーパーボウルのテレビ中継で放映された社会的責任を訴求するCMが、その企業の収益面にもたらした影響を分析した。たとえば、ビール会社のアンハイザー・ブッシュは、パンデミックの終息後に人々が直接出会うことの大切さを訴えたスポットCMの効果で、購入検討率が156%増加したという。同様にゼネラルモーターズも、電気自動車に焦点を当てたスーパーボウル向けCMの影響で、健康、喜び、革新性といった価値スコアが10%増加し、購買傾向も153%増加した。

「価値経済の枠組みは我々が発明したものではない。だが、ブランド価値について、それを気にするのは子供や未成人の若者だけだとして、過小に評価されているようだ」と、ウォルファースバーガー氏は指摘する。「だが、それは事実ではない。実は誰もが気にかけていることなのだ」

提供:
Campaign; 翻訳・編集:

関連する記事

併せて読みたい

9 時間前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

3 日前

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

3 日前

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。

3 日前

世界マーケティング短信:働き方の大転換

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。