Ryoko Tasaki
2023年6月16日

世界マーケティング短信:カンヌで考える環境負荷と広告

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

世界マーケティング短信:カンヌで考える環境負荷と広告

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

カンヌライオンズでグリーンウォッシュを注視

19日から開催されるカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルを目前に、キャンペーングループ「クリーン・クリエイティブス(Clean Creatives)」が今年も若手クリエイターと参加し、活動を行うことを明らかにした。目的は「注目を集め、議論を活性化させ、行動を促す。このことで会期中に広告のプロフェッショナル達に対し、オンラインと対面の両方で、化石燃料企業の問題を避けられないものにすること」にあるという。

同団体はNPO「クリエイティブス・フォー・クライメート(Creatives for Climate)」などと共にイベントを開催する他、参加者がグリーンウォッシングの事例を識別できるよう、複雑化するグリーンウォッシングを分類したツール「グリーンウォッシュ・スウォッチ」を会場で配布する。このツールを制作したクリエイティブス・フォー・クライメートの設立者であるルーシー・フォン・スターマー氏は「カンヌでの私たちの使命は、業界で最もクリエイティブな人々に挑み、自分たちの創造性を何のために使っているのかと問いかけること」と語る。

クリーン・クリエイティブスのエグゼクティブディレクター、ダンカン・マイゼル氏も「気候危機はあまりにも急速に起こっており、自分たちのカーボンフットプリント(CO2総排出量)だけに焦点を当てるわけにはいきません。さまざまなアプローチをつなぎ、急速な変化を起こすチャンスをとらえる必要があります」と語り、サステナビリティーの実践者やエージェンシー、企業などがイベントで一堂に会することで「この問題のリーダーとなるための、包括的な戦略を構築するチャンスを提供できれば」と意気込む。

カンヌライオンズの会期中には他にも、アド・ネットゼロが特別エリアを用意し、アクションプランの実施に関する質問に答えたり、ワークショップを開催する予定だ。

エデルマン、BtoB向けのユニットを立ち上げる

エデルマンはBtoB企業向けのマーケティングに特化したユニット「エデルマン・ビジネス・マーケティング(Edelman Business Marketing)」をグローバルで立ち上げる。オーディエンス調査、ソートリーダーシップ戦略、コンテンツマーケティングなどのサービスを含む、統合マーケティングのプログラムを作成する。ユニット全体を率いるのはジョー・キングスベリー氏とデイビッド・ホワイティング氏。

エデルマンのビジネスマーケティング事業は過去3年間で2桁成長を遂げ、年間4000万米ドル以上の収益を生み出している。主要なクライアントにはマイクロソフト、HSBC、シェル、三菱重工などがある。PRウィーク誌の調査によると、エデルマン全体の2022年の収益は約11億米ドル(前年比12.8%増)だった。

トニー・ザ・タイガー、マルバニー氏との写真に一部から反発の声

トランスジェンダー女性のインフルエンサーであるディラン・マルバニー氏をめぐり、再び騒動になっている。トニー賞の授賞式でマルバニー氏が写真撮影に応じていたところに、ケロッグのシリアル「コーンフロスティ」のキャラクターであるトニー・ザ・タイガーが登場。両者がカメラに向かって一緒にポーズをとった写真がソーシャルメディアで拡散し、保守派からの反発を買うこととなった。

 コーンフロスティは、トニー賞の公式パートナー。ケロッグのシニアバイスプレジデントであるクリス・バーナー氏によると、トニー・ザ・タイガーは個々の候補者やゲストとの出演契約のためではなく、あくまでも公式パートナーとして参加し、さまざまな候補者やゲストと写真撮影に応じていたという。

マルバニー氏は4月、バドライトとのコラボレーションをインスタグラムで発表したところ、保守派が猛反発。正式な広告キャンペーンではないことを同ブランドは強調したが、不買運動にまで発展し、米国での売上が急落した。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2024年6月12日

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。